アイトラッキングとは

私たちは視覚を通して世界を理解します。

アイトラッキング(視線計測)は、人々が「どこを・どのように・いつ見るか」を教えてくれる技術です。
それは、人の行動について深い洞察を与えてくれます。

メリット

「どこを見ているか」がわかると、どのようなメリットがあるのか

言葉だけでは聞き出せない、無意識・本音を探ることが出来ます。

インタビューやアンケートは主要な調査手法ですが、以下のデメリットがあります。

  • 意識していない / 憶えていないけど、答えてしまう
    もしくは答えられない
  • (無意識のうちに)立派な答えにしてしまう
  • (無意識のうちに)求められている答えにしてしまう

では、人の無意識や無記憶、本音はどのように抽出すれば良いのでしょうか。

数ある生体計測の中で、なぜ「視線」なのか

無意識や無記憶の「本音」を探るためには、様々な生体計測が用いられます。
例えば心拍、唾液、発汗、体温、表情、脳計測、そして視線計測です。

その中でもアイトラッキング(視線計測)は

視線=注意、興味
を指し示すユニークな技術です。

トビーではハードウェア、ソフトウェアのみならず、データ分析を行う総合的な調査サービスを提供しています。
インタビューやアンケートなども、アイトラッキングと組み合わせることによって、印象・記憶・理解の原因を探ることができます。

活用事例・製品一覧

FoU

事例

ものづくりでの技能伝承や自動化、研究、マーケティング調査や視線インターフェースなどの幅広い分野でのアイトラッキング活用事例があります。 続きを読む

Eyetrackers,glasses2,nano,spectrum

製品一覧

ハードウェアにとどまらず、分析用ソフトウェアのご用意もございます。目的に応じたご提案をいたします。 続きを読む

トビーのアイトラッキングの仕組み

角膜反射法

eye with camera

Tobiiのアイトラッキングは、角膜反射法という測定法に基づいています。

角膜赤外線を照射し、眼球の動きを映像解析することにより、

人が「どこを・どのように」見たのかがわかるのです

角膜に近赤外線を照射する目的は2あります。瞳孔点を捉えること反射点を作ること

アイトラッキングの技術構成と手順

測定原理

眼球の向きを正確に計算するためには・・

人の眼球の大きさを想像するために、3Dモデルのデータベースと、そのデータベースの中から最適な3Dモデルを選ぶための補正(キャリブレーション)が必要となります。

被験者に何点かポイントを見てもらい、それぞれのポイントのときの眼球の状態を踏まえて、3Dモデルを特定しま

瞳孔点と反射点2点の位置関係と、選ばれた3Dモデルをベースに、専用のアルゴリズムを用いて眼球の向きを計算します。

この一連のプロセスにより、60cm先であれば直径1cm単位で、腕の長さほど先であれば親指の爪の大きさぐらいの精度で、「どこを見ているか」を探り当てることが可能になります。

Tobiiの正確性と精度

accuracy

アイトラッキング(視線計測)を行う上で、データの品質を評価するものが「正確性」と「精度」です。

「精度」とは・・・実際に見た点と測定された注視点のズレの大小

「正確性」とは・・・同じ点を見た際におきたズレの大小

エラーは被験者やその場の環境により左右されるため、計測前のキャリブレーションは非常に重要です。

動画で知るアイトラッキング

「Tobiiを2分で知る!」-アイトラッキングとは

実際の活用事例など、お気軽にお問い合わせください。

一分で完了!簡単お問い合わせはこちら