Tobii Pro X2

30/60Hzレートでの視線キャプチャリングが可能なスクリーンベースのアイトラッカーです。コンパクトで携帯性に優れ、研究室外での調査に最適な製品です。定性的調査において、視点や関心の先をその場で理解できるよう設計されています。

特徴

多様な研究シナリオに対応する、信頼性の高いアイトラッカー

Tobii Pro X2 は、優れた柔軟性を備え、幅広い人間行動研究に対応しています。

Tobii Pro X2 は、コンパクトで携帯性に優れたソリューションを提供可能で、ラップトップ等に固定することができます。このシステムを使用すると、コーヒーショップ、モール、学校、被験者の自宅、オフィスなど様々な環境下で、被験者がどこにいてもコスト的に効率の高い調査を行うことができます。

Tobii Pro X2 は30/60 Hz のサンプリングレートで正確に人々が「どこをどれ位見ているか」を計測でき、「どこを見たか」にフォーカスした研究であれば、十分にお使い頂ける機材です。

A laptop with the Tobii Pro X2-60 eye tracker monted on it.

様々なテスト環境に対応できる多彩さ

Tobii Pro X2は、ノートPC、デスクトップPC、タブレット、TVなど様々なタイプのスクリーンと合わせて利用できます。

また、最大25インチのスクリーンに取り付けることが可能で、モバイルデバイスに簡単に取り付けられる付属品も準備しています。データの品質を保ったまま、広角範囲での視線トラッキングができるため、大型スクリーンを使った調査も可能です。

他にも、実世界上の物や人などの視覚刺激を用いた調査のための付属品も準備しています。

使い方は簡単

シンプルなセットアップ、設定、および自動化機能により、効果的なアイトラッキング調査が可能です。

  • 設置に必要な道具は、完全完備
  • アイトラッカーとコンピューターは、USBケーブルで繋げるのみ
  • Windows 7および、8.1、10上で動作
  • Mac OS Xおよび、Linuxをサポート
  • 迅速かつ自動でアイトラッキング調整

Tobii Pro X2は、任天堂Wiiのセンサーバーと同じサイズの小ささで、ノート型PCから電源供給ができる。つまりそれは、ユーザー自身が自宅で簡単に調査ができるということ。WEBサイトの改善にベストであり、現在行われているインタビュー調査の欠点を補うものである。

Steve Mellor, Qualitative Director, Tpoll

自然な動作のキャプチャリング

被験者はトラッキング中、スクリーンからの距離を意識することなく、頭部を自由に動かすことができます。被験者にストレスを与えないテスト環境が準備でき、被験者は自然な動作を続けることができます。

  • 頭部が速く大きく動いても大丈夫
  • 視覚刺激からの距離に関わらず、極めて正確なデータを収集可能
    (ノートPCのように近い距離や、ATMなどの少しはなれた距離でも可能)
  • 再測定の必要のない、安定した信頼性高いアイトラッキング測定が可能

正確で安定したトラッキング

本製品の極めて高い精度と実環境に対する強力なロバスト性により、どの属性に対しても、確実な高品質データを収集できます。

  • トラッキングボックスの範囲内で、極めて正確に視点データを収集
  • 被験者の人種、補正レンズの有無に左右されず、データロスを抑えることのできる、安定したトラッキング性能
  • 2台のカメラにより、自動的にアイトラッキングを明瞳孔モードか暗瞳孔モードのいずれかを選択
  • 被験者の頭部がブレたり、照明が直接あたらないような環境でも、正確で安定したトラッキングが可能 

Tobii Pro X2を使ってみて、ただただ驚くばかりだった。すばらしい。

Oliver Bradley, Global eCommerce Innovation & Strategy Director at Unilever

Tobii Pro X2 の軽量でかつ小さなフォームが大好き, 非常に簡単に使用することができます。迅速かつ簡単に設定することでき、アイトラッキングができます。

Jennifer Romano Bergstrom, Ph.D. and User Experience Project Leader, Fors Marsh Group, USA

より詳細な仕様については、Tobii Pro X2-30の正確さと精度テストレポートによる製品説明を参照してください。

お客さまの用途に適しているかご不安な場合はお問合せください。

お問合せ

コンポーネント

アイトラッカーユニット

アイトラッカーユニットは、長さがたった184 mm (7.2インチ)、重量が200g (7.1 oz.)と軽量です。付属の取り付けブラケットを使って、PCモニタ、ノートPCおよびタブレットなど、最大25インチ(16:9)のスクリーンに設置可能です。 

また、モバイルデバイス用の取り付け装置、大型スクリーンや実世界の視覚刺激体用の取り付け装置も付属品として準備しております。

外付けプロセッシングユニット

注視データの計算は、外部処理装置(USB 2.0、LAN、および電源コネクタを使用)上のファームウェアによって実行されます。
このユニットにより、アイトラッキング専用のプロセッシング環境を構築することができます。さらに、MacやLinuxだけでなく、パフォーマンスの低いPCでも使用することができます。

特徴

サンプリングレート 30 or 60 Hz (max. frequency depends on hardware version)
正確度(Accuracy) 0.4°
精密度(Precision) 0.32° (X2-30) 0.34° (X2-60)
頭を動かすことの出来る範囲

幅 x 高さ: 50 x 36 cm (20 x 14ʺ) @70 cm" 
動作距離: 40–90 cm (15.7–33.5ʺ)

トータルシステムレイテンシー 50-70 ms (X2-30), < 35 ms (X2-60)
視線検出補正時間 まばたきの場合: すぐ
推奨スクリーン 25インチまで (16:9)
瞳孔検出 両眼、明暗瞳孔(自動認識)
データ出力
タイムスタンプ
視線位置
瞳孔位置
瞳孔径
有効コード

※Tobii Proは総合的なテスト手法で性能やデータ品質をチェックしています。最終的な結果は以下をご確認ください。

アイトラッカーユニット

サイズ 184 x 28 x 23 mm (7.2 x 1.1 x 0.9ʺ)
重さ 200 g (7.1 oz)
アイトラッカープロセッシング 1アイトラッカーユニット
コネクター USB 2.0
付属品 モニター、ノートパソコンやタブレット用の接着剤取付ブラケット







ソフトウェア互換性

Tobii Pro ラボ
Tobii Pro Studio 3.2 以降
Tobii Pro SDK
Tobii Pro SDKで構築された他のアプリケーション
アテンション・ツール、iMotions
E-Prime Extensions, Psychology Software Tools (PST)
i2 Visualizer Implicit System, Eyesquare
Observer XT , Noldus

Tobii Proアイトラッカーの仕組み

このセクションではアイトラッカーの仕組みについて説明します。 続きを読む

お客さまの用途に適しているかご不安な場合はお問合せください。

お問合せ

資料&サポート

関連製品

A laptop with Tobii Pro Studio software
Tobii Pro Studioのページ。スクリーンベースアイトラッカー専用の解析ソフトウェアです。刺激呈示のデザインから視線データの可視化、エリアを指定しての解析統計ツールまで、全てが一体となったソフトウェアです。 続きを読む
Tobii Pro SDK with products compatible
Tobii proアナリティクスSDKのページ。据え置き型アイトラッカー向けの開発キットで、様々なアプリケーションを作成する事ができます。 続きを読む
Mobile Device Stand
モバイルデバイススタンドのページ。Tobii Pro X2およびX3のスクリーンベースアイトラッカー用のアクセサリーで、タブレットやスマートフォンにアイトラッカーを付ける際にお使い頂けます。 続きを読む

関連サービス

アイトラッキング・システムのインストールや使い方を学ぶための2時間のトレーニングを用意しております。ハードウェア、ソフトウェアの基本的な理解とシステムの使用方法がマスターできます。 続きを読む

価格やサービスに関してのお問い合わせは、以下フォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

ユーザビリティ評価

アイトラッキング(視線計測)はUX及びUI、HMIなどの評価を最適化します。例えばWebサイトやスマホ、ゲームなどのユーザビリティ調査に活用されています。 続きを読む

消費者分析(パッケージ/棚割り調査など)

消費者のココロを読み解くことができ、「注意、興味」を可視化し、「印象、記憶、理解」を捉えるインタビュー/アンケート、また脳計測と組みあわせてより深い分析が可能です。 続きを読む

心理学と脳神経学

眼球がどのように動き、どんな情報を視界から得て、脳や心理に影響を及ぼすのか。
アイトラッキングは脳波との組み合わせも可能なので、より深い分析・幅広い研究が可能です。 続きを読む