Tobii Pro フュージョン

最大250 Hzのサンプリングレート、2つのアイトラッキングカメラ、2つの瞳孔追跡モード(明瞳孔と暗瞳孔)を備えたTobii Pro フュージョンは、高性能でポータブルなアイトラッカーです。

これまでの製品との違いをお知りになりたい方はお気軽にご連絡ください。

問い合わせる

特長

研究を、さらに奥深く。

※動画は日本語字幕に切り替え可能です。

Tobii Proフュージョンは、ポータブルで高性能な次世代のアイトラッカーです。

これまでは簡易型のアイトラッカーでしかできなかった研究室の外での研究が、高性能なアイトラッカーで行うことが可能となりました。学校、病院、図書館など被験者が実験に参加しやすい場所でデータが収集できます。

最大250 Hzのサンプリングレート、2つのアイトラッキングカメラ、2つの瞳孔追跡モード(明瞳孔と暗瞳孔)を備えたTobii Pro フュージョンは、さまざまな対象、シナリオ、データ要件にデータ収集設定を合わせることができます。

Tobii Pro フュージョンを使っている子供

新機能:

  • 最大250 Hzのサンプリングレートによる詳細なデータ。
  • 2つのアイトラッキングカメラと改善された視線追跡アルゴリズムによる、頭の動きに対する高い許容度。
  • 3つの内部プロセッサで自律的にデータを処理するため、同期用の外部処理ユニットが不要。
  • USB Type-Cへの対応(電源アダプタ接続によりUSB Type-Aも対応)。
  • 選択したサンプリングレートで出力される瞳孔サイズのデータ。
  • 眼球映像の確認。

移動できる研究室

被験者の募集という壁は、すべての研究者に立ちはだかります。特定の被験者にとって、研究室まで行ってテスト実験を受けることは負担に感じる場合があります。

Tobii Pro フュージョンは、「移動できる研究室」として最適なサイズと形状です。データの品質と粒度を犠牲にせず、それでいて被験者はより快適にテスト実験を受けることができます。

特許取得済みのTobiiアイトラッキングアルゴリズムと堅牢なキャリブレーションにより、さまざまな屋内環境で信頼性の高いデータを生成します。

Tobii Proフュージョンを使う赤ちゃん

さまざまなデータ収集シナリオのサポート

Tobii Pro フュージョンはさまざまな実験が同時並行的に行われている環境でも、柔軟に設定を変更できます。

学生がさまざまなプロジェクトを進めている忙しい研究室の場合、アイトラッキングのセットアップに対する要求が各プロジェクトによって異なる可能性があります。 Tobii Pro フュージョンは、さまざまな研究シナリオと研究デザインをサポートする柔軟なソリューションを提供します。

Tobii Proフュージョンのスリムなデザインは、さまざまなデスクトップおよびラップトップ画面で使えます。また、三脚に取り付けてシーンカメラと組み合わせることもできるため、物体や景色などの実世界の刺激を使用する研究でも使用できます。

最大250 Hzのサンプリングレートと、明瞳孔法と暗瞳孔法それぞれによるアイトラッキングにより停留、スムースパーシュート、およびサッカードなどを計測する幅広い実験デザインとテスト母集団に対応します。

Tobii Pro Eye Tracker Manager –画面の指示に従うだけで、アイトラッカーの細かい設定が変更できる無料のソフトウェアです。

*明瞳孔、暗瞳孔をキャリブレーション中に自動的に選択します。

Tobii Proフュージョンでの実験の様子

高品質のデータ

Tobii Pro フュージョンは、高品質のデータと眼球追跡能力を提供します。

  • 特許取得済みの3Dアイモデルは、画面の隅々まで視線データを幅広く計測します。
  • 人種、年齢、メガネの有無などに関係なく、確実に瞳孔を追跡します。
  • 自然な頭の動きや、屋内の異なる照明環境で高い正確度と精密度を維持します。
components of Tobii Pro Fusion eye tracker

Tobii Pro ラボ

Tobii Pro フュージョンはTobii Proラボと連携します。刺激の呈示デザイン、キャリブレーションからデータの準備まで、データ収集と処理のさまざまなフェーズを通じてヒートマップやゲイズプロットなどの機能で研究者をサポートします。

さまざまな実験を作成し、アイトラッキングデータを収集し、被験者毎の記録をそれぞれ観察および分析し、定量分析と視覚化のためにデータを集計できます。

Tobii Proラボは、正確で一貫したタイミング精度を保証します。高い透明性のデータです。-視線データと処理された眼球運動データ(フィグゼーションフィルター)の両方へのアクセス、および統計データの確認ができます。

Tobii Proラボの眼球運動の分類についてはこちらをご覧ください。

Tobii Proラボは、EEGやGSR、ECGなどのバイオメトリックデータとの同期にも使うことができます。

Tobii Pro ラボについて詳しく見る

Tobii ProラボとTobii Proフュージョンの組み合わせ

Tobii Pro SDK

Tobii Pro SDKは、Tobii Pro フュージョンおよびTobii Proのその他のスクリーンベースのアイトラッカーで使用できます。分析アプリケーションまたはスクリプトを開発したい研究者やパートナー用の包括的なツールです。

研究に関連する高度な視線データストリームへのアクセスを提供します。また、アイトラッカーとSDKを実行しているコンピューター間で高い同期精度を提供します。

Tobii Pro SDKは、マルチプラットフォームサポート(Windows、Linux、およびMacの最新バージョンを含む)およびいくつかのプログラミング言語(.NET、Python、Matlab)のAPIバインディングを提供します。

Tobii Pro SDKの詳細やダウンロードはこちら

お客さまの用途に適しているかご不安な場合はお問合せください。

お問合せ

コンポーネント

アイトラッカーユニット

アイトラッカーの長さは374 mmで、重さは168gです。 付属の接着マウントブラケットを使用して、モニターやラップトップに取り付けられます。

Fusion eye tracker

仕様の詳細

仕様の詳細

 

アイトラッキングの技術

暗瞳孔法と明瞳孔法で角膜反射で瞳孔を捉える非接触型アイトラッカー* 

サンプリングレート

60, 120, 250 Hz
(最大サンプリングレートは機材によって異なります。)

正確度(Accuracy)** 

0.4°(最適な環境下でのパフォーマンス)
※暫定値

精密度(Precision)** 

約0.3°(最適な環境下でのパフォーマンス)
※暫定値

両眼でのトラッキング

トータルシステムレイテンシー

3フレーム

瞬きからの復帰時間

瞬時

ロストからの復帰時間

250 ms 

頭部可動範囲

幅 × 高さ: 30 cm × 25 cm
※計測距離65 cmの場合
 

計測距離

50–80 cm

最大視野角

30°

推奨スクリーンサイズ

24インチ (16:9) 

各々の眼からのデータ・アウトプット*** 

タイムスタンプ
眼球位置
視点位置
瞳孔径
有効度

アイイメージ, データストリーム(実装予定)

約 2 x 4 Hz 

キャリブレーション

両眼

タイムスタンプ同期

アイトラッカーとPCの時間は同期されます


*暗瞳孔法での計測は、すべてのサンプリングレートでサポートされています。明瞳孔法での計測は、60 Hzおよび120 Hzでサポートされています。

**Tobii Proは総合的なテスト手法で性能やデータ品質をチェックしています。これらは暫定的な精度の数値のため、 最終的な数値は更なる品質チェック後に公開いたします。

***利用可能なデータと補足データのストリームの完全なリストについては、Tobii Pro SDKのページからドキュメントをダウンロードしてください。 

アイトラッカーユニット

サイズ 

374 × 18 × 13.7 mm

重さ

168g (5.9 oz.) 

コネクタ

USB Type-C 

USB Type-A(アダプタ使用の場合) 

ポート

ACアダプタ

アイトラッキング処理

3つのTobii EyeChip™ ASIC

アイトラッキングカメラ

2つの Tobii EyeSensor

トラッキング技術

暗瞳孔法
明瞳孔法 

消費電力 

通常 7.5 W

電源オプション

USB Type-C コネクタ

ACアダプタ(PCのUSB 2.0 Type-A portで接続する場合)   

 

関連製品

Tobii Pro Lab, eye tracking software
Tobii pro グラス2専用の解析ソフトウェアのページ。グラス2で記録したデータを自動で静止画の上にマッピング可能。その他、様々なデータを出力する事ができます。 続きを読む
Tobii Pro SDK with products compatible
Tobii proアナリティクスSDKのページ。据え置き型アイトラッカー向けの開発キットで、様々なアプリケーションを作成する事ができます。 続きを読む
ETM
スクリーンベース型アイトラッカーを管理するためのソフトウェアです。このアプリケーションを使って、ディスプレイへの設置や、独立しての設置する際の設定を行います。また、キャリブレーションやファームウェアの更新、トラブルシューティングの際に必要な診断ファイルの保存が行えます。 続きを読む

活用事例

心理学と脳神経学

眼球がどのように動き、どんな情報を視界から得て、脳や心理に影響を及ぼすのか。
アイトラッキングは脳波との組み合わせも可能なので、より深い分析・幅広い研究が可能です。 続きを読む

臨床研究

眼球疾患や、自閉症スペクトラム障害、ADHD、パーキンソン病等の精神・神経疾患といった識別や、眼球運動の研究にアイトラッキング(視線計測)は使われています。 続きを読む

赤ちゃんと子どもの研究

赤ちゃんと子どもの研究

Tobii Proのアイトラッカーは、乳幼児および子どもの研究者にも使われています。誕生から少年期までの子どもたちの知覚的、認知的、社会的感情の発達などの研究に活用されています。 続きを読む