遂に登場!スマホで視線と感情を同時計測「Stickyモバイル」サービス開始 どこでも気軽に視線/感情計測調査ができます

Stickymobile_KK

アイトラッキング世界最大手のトビー・テクノロジー株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:蜂巣 健一 以下 トビー)は、2021年6月10日(木)より、スマートフォンでアイトラッキング(視線計測)ができる「Stickyモバイル」(Sticky by Tobii Pro)サービスを開始します。これにより、パソコンに加えて、スマートフォンでもアイトラッキング調査を行うことができるようになりました。

Stickyモバイルは、スマートフォンカメラを使ったアイトラッキングと感情認識、加えてネットリサーチと組み合わせて簡単に大人数のデータを取得するができます。例えば、動画・SNS広告・商品パッケージの評価で、どこに注意を惹かれたか、興味を持たれたか、という「無意識」、ABテストの選択、ポジネガの「理由」がわかります。

Stickyモバイルは、専用のハードウェアやソフトウェアのインストールをする必要なく、スマートフォンのブラウザ上でアイトラッキングデータを収集することができます。消費者が最も頻繁に使用するスマートフォンで消費者の行動を簡単に把握することで、PDCAを迅速に回すことができ、マーケティング効果の向上に繋がります。

Stickyモバイルは、すべてのプロセスがスマートフォン上で完結するワンストップサービスとなっており、2日で調査結果を納品します。また、サービス開始にあたり、今なら価格20万円でご提供します。(10社限定特別キャンペーン実施)

モバイルファースト世代が増え、変化の激しい今日の社会において、消費者の注意、興味、また選好を把握することは、益々重要となってきます。広告評価にStickyモバイルを活用した、世界最大級の消費財メーカーであるプロクター・アンド・ギャンブル社の北欧 データ&デジタル ブランドマネージャー トビアス グラーフ氏は、次のように述べています。

「消費者のメディア行動がますますモバイル化していく中で、「Stickyモバイル」は消費者が実際にいる場所で調査に参加できるため、真の消費者の姿を捉えることができます。今回の調査では、トビーの手厚い協力で、プロジェクトがスムーズに処理され、メディアにおける“注意”を測定するための素晴らしいツールだと実感しました。」

これからもトビーでは、マーケティングリサーチに貢献できるようなアイトラッキング製品・ソリューションを開発していきます。


【トビーについて】

トビーは、アイトラッキング技術の世界最大手であり、製品は、学術研究、マーケティングリサーチ、ユーザビリティ研究などで利活用されています。また、脳、発汗、心拍、唾液、体温、表情といった他の生体計測と組み合わせてデータ分析を行う「トビー・バイオメトリクス リサーチサービス」も提供しています。その他にアイトラッキングは、障がいを持つ方のコミュニケーション手段としても使用されています。最近では、病院や工学、スポーツ、ゲーム、エンターテインメントなど様々な分野のデバイスに対して、アイトラッキング技術を活用した「視線入力」コンポーネントを展開しています。2015年には、ナスダック ストックホルム証券取引所へ上場しました。

 

トビー、はスウェーデン(ストックホルム)をグローバル本社として、米国、日本、中国、英国、シンガポールなどに現地法人を置いています。また、トビー製品・ソリューションは、代理店やパートナーを通じて、世界中で販売されています。

 

【本リリースに関するお問い合わせ】

トビー・テクノロジー株式会社(日本およびアジア太平洋地域)
マーケティング部 藤井久仁子(ふじい・くにこ)
Phone: 03-6420-3990/ Fax: 03-6420-3991/ E-mail: kuniko.fujii@tobii.co.jp