Unilever logo.

本社: イギリス ロンドン
設立: 1929年
業界: 消費財

---
ユニリーバ様は食品や家庭用品を製造するFMCG企業で、1,000以上のブランドを保有しています。詳細はwww.unilever.comをご覧ください。

パッケージデザインの改善 - ユニリーバ様

1,000以上のブランドを持つFMCG企業であるユニリーバ様は、店頭で何が消費者の注目を集めているかを把握するためにアイトラッキングを使用しています。消費者がどこを見ているのか知り、最も効果的なパッケージデザインを理解することで、店頭での購買決定に影響を与え、競争優位を獲得し、ROIを向上できます。

“アイトラッキングを使用すると、文字通り消費者の目を通した世界を見ることができます。目は嘘をつかないので、インタビューの際にもアイトラッキングを使用します。”

Jeroen van der Kallen
Customer Insight and Innovation Manager Europe, Unilever

背景

購入の意思決定のほとんどは棚の上で行われるため、商品のデザインや配置はブランドにとって非常に重要です。ユニリーバ様は自社製品が店頭でどのように機能しているか、単独ではもちろんのこと、競合の製品と並べてテストしたいと考えていました。

フォーカスグループや店頭調査など従来のマーケティング調査では、購買行動や購買意思決定について必ずしも全体像を把握できないことを認識していたため、アイトラッキング調査に着手しました。

調査方法

ユニリーバ様はTobiiと提携し、カスタマーインサイト&イノベーションセンター内でアイトラッキングを活用した消費者調査を実施しました。

ウェアラブル型のアイトラッカーを使用して、消費者が棚の商品に注目している様子を記録しました。このデータを分析することで、消費者がどのような要素に惹かれたのか、視覚的にどのようにPOPを見ていたのか、そのインタラクションが消費者の行動にどのような影響を与えたのか明らかにしました。

調査結果

この調査から得られた情報は、消費者に最も響くデザインや情報の特徴を明らかにし、ブランド認知の向上と最適化に役立ちました。

調査結果を様々なステークホルダーと共有するために、Tobii Pro ラボでデータの可視化を行いました。ユニリーバ様では商品の改善にアイトラッキングが日常的に使用されています。

資料請求やwebサイト未掲載の事例についてはお気軽にお問合せください。
お電話の場合は03-6420-3990までご連絡ください。

資料請求・事例について問合わせる

関連事例