StimTracker

アイトラッキングデータと生体計測器のデータを、同期させるためのデバイスです。光センサーにより捕らえた正確な視覚刺激切り替えのタイミングをTobii Pro スペクトラムや他社の生体計測器へ同期信号として送ります。

アイトラッカーアクセサリー特徴

Tobii Proスペクトラム用 同期デバイス

Cedrus®社のStimTrackerはTobii Pro スペクトラムのアイトラッキングデータと、視覚刺激、聴覚刺激、実験参加者のボタン押しなどのイベントをミリ秒単位で正確に同期させることができます。

また脳波や様々な生体計測システムとの同期も可能です。(お使いになる生体計測器に適したデバイスを選択してください(オプション))
刺激呈示の正確なタイミングを光センサーで捉え、同じタイミングで同期信号としてそれぞれの計測機に送ることで、ミリ秒単位の精度で同期させることが出来ます。

A yound man wearing EEG cap looks at a screen of Tobii Pro Spectrum eye tracker

画面上の視覚刺激とアイトラッキングデータの同期

Stimトラッカーは、スクリーンベースの視覚刺激(例:Tobii Pro Labで表示される画像)の開始タイミングと、Tobii Pro スペクトラムのアイトラッキングデータをミリ秒以下の高い精度で同期するデバイスです。高いタイミング精度は、正確な反応時間を必要とする実験や1フレームのサブリミナル刺激を呈示する実験など、高い時間分解能が求められる研究において有用です。

オペレーティングシステム、グラフィックカード、画面のリフレッシュ処理による遅延からの影響は受けません。画面上の画素の変化を光センサーが検知すると、StimトラッカーからTobii Pro スペクトラムへ、イベントマーカーとして送信されます。このイベントマーカーは、Tobii Pro ラボでアイトラッキングデータと共に確認することも、他社の解析プログラムで分析を行うために出力することも出来ます。さらに、Tobii Pro SDKを使用するとさらに高度な実験設計も可能になります。

価格やサービスに関してのお問い合わせは、以下フォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

スクリーン上の視覚刺激やアイトラッキングデータの生体測定データとの同期

Stimトラッカーは、視線情報を含めた生体計測器のデータをそれぞれ同期させる汎用性の高いソリューションです。StimトラッカーはEEGなど様々なセンサーからのデータ取得が可能な他社の生体情報収集システムとも接続が可能です。Stimトラッカーのイベントと脳波のデータは、約1フレーム(1kHzシステムの場合は1ミリ秒)の推定タイミングの時間精度で同期させることが出来ます。Stimトラッカーのイベントとアイトラッキングデータの同期精度は、Tobii Pro スペクトラムのサンプリングレートに依存せず、50マイクロ秒の時間精度となります。

優れた時間精度により、生理反応が発生した時、実験参加者がどこを見ていたのか正確に知ることが出来ます。サッカード、(大きな)マイクロサッカード、瞬きの情報を利用し、脳波などの生体計測データのアーチファクトを修正することができます。

豊富なオプション機能

StimTrackerは、Cedrus製のm-podアダプタを介して以下の脳波計測器などの生体計測器と接続することができます。

  • ADInstruments社 PowerLab
  • ANT Neuro社 ASA-Lab
  • Biopac社 MP35/MP36
  • Biopac社 STP100C
  • BioSemi社 ActiveTwo
  • Brain Products社 USB2/BrainAmp
  • EGI社製品
  • Neuroscan社製品 
  • Mindware社製品

またStimTracker はパラレルポート経由で、MindWare Technologies社製品をはじめとした、PC用記録システムと接続可能です。他の接続可能機器については、Cedrus社のウェブサイトにて確認ください。(ハイパーリンク) 

様々な機器と接続できることで、脳波、皮膚コンダクタンス、動作検知データ、呼吸速度、脈拍数、光、音等の様々なデータと アイトラッキングデータとを同期した研究が可能となります。

構成内容

光センサー

アナログ光センサーを使用することで、Stimトラッカーは、視覚刺激の開始タイミングを高精度で捉える堅牢で信頼性の高いソリューションを提供します。オペレーティングシステム、グラフィックカード、画面のリフレッシュ処理、ソフトウェアの処理などから発生する可能性のある遅延はありません。WindowsやLinuxはリアルタイム処理を行うためのオペレーティングシステムではありませんので、画像が呈示された正確なタイミングを把握することは困難な場合があります。Stimトラッカーの光センサーによるソリューションは、この問題を解決します。

どのように作動するか

新しい視覚刺激により光センサーが変化を検出すると、TTL信号(0-5V)を生成します。この信号はStimトラッカーを経由してTobii Pro スペクトラムや、他の生体データ収集システムに送られます。

Tobii Pro スペクトラムはこの信号をイベントとして受信します。Stimトラッカーのイベントは、Tobii Pro スペクトラムのサンプリングレートとは関係なくアイトラッキングのレコーディング内に記録されます。このイベントを使用し、脳波など他の生体計測データと同期させることができます。

お客さまの用途に適しているかご不安な場合はお問合せください。

お問合せ

関連製品

Tobii Pro Lab, eye tracking software

Tobii Pro ラボ

総合的な生体計測解析ソフトウェアです。実験デザインからレコーディング、解析、結果のわかりやすいプレゼンテーションなど、多彩な機能を備えています。
他の生体計測との同期機能も備え、スクリーンベースからウェアラブル、VRヘッドセットに組み込まれたアイトラッカーまで活用できます。

30日間の無料ライセンスもございますのでお気軽にお試しください。
            無料ライセンスを試してみる

資料請求やレンタル・無料デモ(オンライン・全国対応)はお気軽にご依頼ください。
お電話でもご相談可能です。03-6420-3990
            資料請求・お問合わせ   続きを読む

Tobii Pro Spectrum eye tracker hero shot

Tobii Pro スペクトラム

最大1200Hzのデータ取得が可能なスクリーンベース型アイトラッカーです。
300Hz、600Hz、1200Hzと最大サンプリングレートが異なる製品をご用意しています。
ノイズの少ない高品質なrawデータから定義される視線の停留や、マイクロサッカードなどの高速な眼球運動など、様々な研究に対応可能です。
サンプリングレートにあわせて価格帯も幅広くご用意しています。

資料請求やレンタル・無料デモ(オンライン・全国対応)はお気軽にご依頼ください。
お電話でもご相談可能です。03-6420-3990
            資料請求・お問合わせ   続きを読む