技能教育と品質改善

ベテラン/熟練者の「無意識」を可視化し、視線の動かし方、カン・コツ、背景、判断理由など、技能の要素を抽出し分析することで、技能伝承はもとより、品質向上、生産性向上、安全性向上など現場を改善することができます。

生産性向上

視検査や保守保全、オペレーションでの生産性を向上するために活用できます。

スキルのバラつき軽減

取得した視線データをもとに作成した指標や技能基準と照らし合わせることで、何ができていて、何ができていないか、再教育や再指導、トレーニング強化のポイントを明確にし、教育の効率化も可能になります。

自動化

自動化/ロボット化/無人化にすることで、作業の効率化やコストダウンに導きます。

建設現場での安全性と状況意識の向上

ヒューマンエラーは、職場環境で発生する事故の80%を占めています。
作業者はより高度なデジタル機器を年々活用する必要があり、より技術が必要になってきています。
アイトラッキングは作業環境をより最適化する重要なツールです。

Nebraska-Lincoln大学の研究者は、アイトラッキング技術を使用して、建設現場における人為的ミスの原因を調査しました。
この調査により、労働者のハザード識別スキルを向上させ、トレーニングの有効性を測定するために使用されました。
詳細はこちらから。

航空管理室のパフォーマンス評価

問題解決と意思決定の背後にある認知プロセスが非常に複雑な現場では、熟練者の「無意識」を可視化し、彼らの視線の動かし方、カン・コツ、背景、判断理由など可視化し、技能の要素を抽出し分析することでチーム内の戦略をよりよく理解し、評価するのに役立ちます。

アイトラッキングは、熟練者のスキルを次の世代に継承するための非常に有益なツールです。

このビデオでは、LFV社/Senior Advisor, Billy Josefsson(スウェーデンで航空交通管理および航空ナビゲーションサービスを提供している会社)が、航空管制室での技術評価と品質保証ツールとしてのアイトラッキングの重要性を説明しています。

skills transfer

品質向上と教育期間の短縮

自動車メーカーにとって、生産ラインで効率的なプロセスを持つことは、オペレーションを実行するために非常に大事な鍵です。
品質を向上させ、コストを削減するために、ある自動車メーカーは完成品の目視検査を担当する新入社員を教育する時間を短縮したいと考えました。

我々はまず熟練者の技能を抽出するために、アイトラッキング調査を実施しました。これらで得たデータは定量的に報告され、その結果は、その会社の新しい基準の開発に使用され、新入社員の教育時間は6週間から4週間に短縮されました。 

トレーニングの平均時間は約1週間です。アイトラッキング導入で、1人当たり2日間の節約、つまり導入した部署で年間約400時間の教育期間の短縮になることを願っています。

Jacob Hammill, Systems Management at H&H Castings

事例

Tobii Pro Insight Customer Logo Banner