エスノグラフィ調査 – Stiftung Lesen

Stiftung Lesen (German Reading 財団)は、ドイツのマインツに本拠を置く非営利団体で、読解能力に制限がある750万人の成人がいる国で読解力を高めることを推進しています。
若者がさまざまな状況で文字をを読んで、デジタルメディアを無意識のうちにふれ、日々の生活にどのように影響するのかを理解したかったのです。

Stiftung LesenはTobii Pro 調査サービスに依頼をし、若者の読書やメディアの使用方法の研究を行いました。ウェアラブル型のアイトラッキングを使用することで、読者のリアルな行動パターンをとらえることができました。組織は調査結果をもとに、読書を促進するための効果的な方法を開発するための作業のガイドとして使用します。 

詳細は以下のビデオをご覧ください。 

“今回の研究は、アイトラッキングがなければ不可能だった。なぜなら、他者の視線を知る上では、唯一無二のツールだからだ”

Dr. Simone C. Ehmig, Director, Stiftung Lesen

Follow us

facebook youtube instagram twitter linkedin