熟練者の技能を可視化-H&H Castings

製造業では従業員教育と安全の管理は不可欠です。近年では減ってきてはいるものの、日本では年間約150名の方が事故で亡くなっています。これらの事故の80%は人的ミスが原因です。

アルミニウム鋳物の主要サプライヤーであるH&H Castingsは、非常に危険な製造現場での事故を減らし、効率を上げる方法を探るためにトビーと提携し、ペンシルベニア州の鋳造工場で定性的なアイトラッキング調査を実施しました。

今回の調査についての詳細は動画をご覧ください。
※動画は日本語字幕に切り替えが可能です。

アイトラッキングデータ入りの、9分弱の実際の教育用動画もございます。

この調査では、鋳造作業に極度の集中力が必要であることが明らかになりました。その集中力が切れると多大な悪影響を及ぼします。

トビーは、ライン上でエラーが発生する直前に何が起こっていたのかを特定し、作業環境と作業工程を改善する方法についての洞察を提供しました。調査結果は、新入社員の早期の定着、鋳造工場の業務の効率化、新たなトレーニングガイドライン、および事故リスクの軽減に貢献します。

「新人の平均的な研修期間は1週間ですが、今回のアイトラッキング調査により従業員1人あたり2日間の節約になると思います。年間のトレーニングが約400時間節約されると見積もっています。」

Jacob Hammill, Systems Management at H&H Castings