視線でドライバの状態を推定します

ドライバの安全支援システムとインフォテインメントシステムにアイトラッキングを追加することで、運転方法を変革します。 弊社はアイトラッキング(視線計測)とセンサー技術の世界的なリーダーです。

視線推定開発

視線推定開発バナー

一般的に、運転行動は「認知・判断・操作」の3つの手順に従って行われます。従来は「操作」のあとに得られる走行時の加速やアクセル操作などの車両情報をもとにドライバーの状態推定をすることが主流でした。しかし車両情報からは運転行動が始まったあとのデータしか得られないと考えられます。そこで、運転行動に先駆けて発現する、「認知」段階のドライバの視線情報を状態推定に活用することが重要です。

広い技術を持ったエンジニアチームと連携し、ドライバ向けの優れたセンサーソリューションの提供します。また、眼鏡型アイトラッカーによりドライバを確実に追跡することや、周囲の照明条件に対処することなど、自動車シナリオの真に価値のあるユースケースを設計します。
それにより自動車の要件を満たすための主要な課題を克服します。

また、大手自動車メーカーや大手電機メーカーを支援してきた実績と知見をもとに、さまざまな生理計測を組み合わせた、複合計測でお客さまを支援します。
それによって、適していない高額な生理計測装置を購入するリスクを減らします。

アイトラッキングがどのように役立つのか?

眠気やわき見運転を検知

お客さまの市場の要求に応えます

車、トラック、レーシングカー、バス、電車、航空機など、市場の需要に合わせてカスタマイズされたソリューションを一緒に開発できます。

眠気を検出します

視線パターンと、まぶたが開いているかどうかを観察することによって、ドライバが眠っているかどうかを確実に検出します。

弊社のアイトラッキングセンサーを搭載したアクティブな安全支援システムは、それに応じて警告や他のアクションを実行します。

気晴らしを検出します

視線が道路から外れている場合は警告を発し、回避行動を促します。

前方を向くセンサーとアイトラッキングを組み合わせ、この情報を使用して車両の動作を自動的に調整したり、潜在的な危険をドライバに警告します。

Auto Image General

ドライバーの状態評価

自動運転が現実のものになるためには、車はドライバと共生関係に達していなければなりません。 アイトラッキングは、ドライバが注意を払っている場所、処理した情報、およびしっかり運転しているかどうかを車に伝えることができます。

パーソナライズと識別

アイトラッキングをシステムに組み込むことによって、ドライバを識別し、好みの設定(音楽、座席、鏡など)に自動的に調整できます。 さらに、システムは目の位置に基づいて最適化できます。 サウンドおよびエアバッグシステムを情報に接続して、最適な方法でサウンドと保護を指示できます。

視線とのインタラクション

目、手、声の組み合わせで、ダッシュボードとヘッドアップディスプレイを制御します。 たとえば、ダッシュボードまたはヘッドアップディスプレイを見て、スクロールホイールを使用し、ステアリングホイールのボタンを選択することによって、非常に流動的で直感的なエクスペリエンスを取得します。

視線と組み合わせた複合計測で解決できる課題

人的リソース

  • 生理計測の取得、分析に不慣れなエンジニアで対応する必要がある。

ハードウェア

  • 高額な生理計測装置を用意する必要があるが、
    適切な仕様かどうか、目的と相関があるかどうかわからない。

長期間の開発期間

  • 目的に合った生理計測装置が選べていない。
  • 生理計測データの取得、分析手法が確立できていない。
  • 目的と相関の深い生理計測データを抽出できていない。
A man driving an Audi car wearing Tobii Pro Glasses eye tracker.

シェア世界一の視線追跡技術

15年以上にわたり、アイトラッキング世界一であり続ける技術的優位性があります。

  • 世界で最も信頼性の高いアイトラッキングアルゴリズムコア
  • Tobii EyeChip™-世界初のオンチップ視線追跡システム
  • 15年以上にわたるアイトラッキングの開発と専門知識
  • カスタムセンサーモジュールの詳細な能力と設計
  • カスタムプロジェクターモジュールの詳細な能力と設計
  • アイトラッキングのユースケースに関する広範な知識
  • ハードウェア設計、アルゴリズム、ユーザーエクスペリエンスの概念の重要な側面をカバーする、世界最大のアイトラッキングポートフォリオのライセンス
Automotive Tech Card

大手自動車メーカーや大手電機メーカーの実績がございます。 詳細についてはお気軽にご相談ください。

問い合わせる