ユーザビリティ評価

アイトラッキング(視線計測)はUX及びUI、HMIなどの評価を最適化します。例えばWebサイトやスマホ、ゲームなどのユーザビリティ調査に活用されています。

ユーザビリティと広告の最適化

アイトラッキングは、効果的なユーザーインターフェイスと広告の作成に役立ちます。

ユーザーがどこを見ているか明らかにすることによって、ユーザビリティの問題が起きる場所をすぐに突き止め、WEBサイトのどの部分が最も関心を集めているか特定します。

WEBサイトのコンバージョン率の向上

オランダの航空会社であるKLMは、オンライン予約サイトのモックアップにアイトラッキングとユーザビリティ調査を実施した結果、新しいオンライン予約サイトの

コンバージョン率を30%増加

させました。

開発への活用

多くの開発チームが各ステップでユーザビリティテストを行い、ユーザからのフィードバックを反映するアジャイル開発手法を確立しました。
ユーザビリティテストでアイトラッキングを活用することで、開発チームから業務担当まで各関係者にユーザーエクスペリエンスの共通理解を得ることができます。アイトラッキングは、アジャイルによる開発プロセスに適しており、その知見により開発チームが常にユーザー目線を保つことができます。

アイトラッキングによって次のようなことがわかります。

  • 最初に見られるのはどこか?
  • 見られていないのはどこか?
  • ユーザーが簡単に作業できるか?
  • ユーザビリティの問題が起きた際に、どこが見られるのか?

ライブビュー(タブレット)

ライブビュー(スマートフォン)

事例

KLM Valsplat

オランダの航空会社であるKLMでは、アイトラッキング調査を行い、オンライン予約サイトのデザインをよりユーザー中心のアプローチに変更。当時の景気低迷にもかかわらず、新しいオンライン予約サイトのコンバージョン率を30%増加させました。 続きを読む

Stiftung Lesen

Stiftung Lesen (German Reading Association) は、今日のメディアドリブン社会の中で、若い世代がいかに機能するかを理解するために、革新的なエスノグラフィ研究でウェアラブル型アイトラッキングを活用しました。 続きを読む

University of Birmingham

バーミンガム大学では、交通制御室のオペレータの調査のためにアイトラッキングを活用しています。彼らがどのように交通管理を行い、様々なセンサー技術や蓄積データから得られる雑多な情報に基づいてどのように判断しているのかを調査しました。詳しくはこちら。 続きを読む

その他の事例や無料デモのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

簡単フォームへ
  • Ioannidou, F., Hermens, F., & Hodgson, T. L. (2017). Mind Your Step: the Effects of Mobile Phone Use on Gaze Behavior in Stair Climbing. Journal of Technology in Behavioral Science. https://doi.org/10.1007/s41347-017-0022-6
  • Gwizdka, J. (2018). Inferring Web Page Relevance Using Pupillometry and Single Channel EEG. In F. D. Davis, R. Riedl, J. vom Brocke, P.-M. Léger, & A. B. Randolph (Eds.), Information Systems and Neuroscience (Vol. 25, pp. 175–183). Cham: Springer International Publishing. https://doi.org/10.1007/978-3-319-67431-5_20
  • You, F., Li, Y., Schroeter, R., Friedrich, J., & Wang, J. (2017). Using Eye-Tracking to Help Design HUD-Based Safety Indicators for Lane Changes (pp. 217–221). ACM Press. https://doi.org/10.1145/3131726.3131757