車載機器開発

アイトラッキングはDMS、ADAS、HMI、インフォテイメントシステム開発に活用できます。

視線推定開発バナー

一般的に、運転行動は「認知・判断・操作」の3つの手順に従って行われます。従来は「操作」のあとに得られる走行時の加速やアクセル操作などの車両情報をもとにドライバーの状態推定をすることが主流でした。

しかし車両情報からは運転行動が始まったあとのデータしか得られないと考えられます。運転行動に先駆けて発現する、「認知」段階のドライバの視線データはユーザーにとって自然な、使いやすい車載機器開発のために重要な位置を占めます。

ドライバーモニタリングシステム開発

ドライバーモニタリングシステムに必要なセンシングデータは視線だけではありません。トビー・テクノロジーは大手自動車メーカーや大手電機メーカーを支援してきた実績と知見をもとに、さまざまな生理計測を組み合わせた、複合計測でお客さまを支援します。それによって、適していない高額な生理計測装置を購入するリスクを減らします。

Auto Image General

ADAS/HMI/インフォテインメント

危険を通知するADASシステムや、HUD等の新しい表示デバイス、自動運転時の空間と時間を有意義なものにかえるインフォテインメント・・・。これら社内空間はCASE化の進行において、現在のものを異なったものになっていくでしょう。

新しいシステムを設計する上で重要な点は、そのシステムがドライバーにとって安全なものか、楽しいものかをユーザー目線で評価することです。

視線データは、「注意を引いたかどうか」「車内空間のどこからその感性が生まれたか」等を明らかにし、新しいシステムの有効性を評価可能です。

A man driving an Audi car wearing Tobii Pro Glasses eye tracker.

シェア世界一の視線追跡技術

15年以上にわたり、アイトラッキング世界一であり続ける技術的優位性があります。

  • 世界で最も信頼性の高いアイトラッキングアルゴリズムコア
  • Tobii EyeChip™-世界初のオンチップ視線追跡システム
  • 15年以上にわたるアイトラッキングの開発と専門知識
  • カスタムセンサーモジュールの詳細な能力と設計
  • カスタムプロジェクターモジュールの詳細な能力と設計
  • アイトラッキングのユースケースに関する広範な知識
  • ハードウェア設計、アルゴリズム、ユーザーエクスペリエンスの概念の重要な側面をカバーする、世界最大のアイトラッキングポートフォリオのライセンス
Automotive Tech Card

大手自動車メーカーや大手電機メーカーの実績がございます。 詳細についてはお気軽にご相談ください。

問い合わせる