スポーツ分野での研究

スポーツ分野の研究では、焦点の当て方、軌道予測、探索行動、および手と目の連携における欠点や弱点の把握のため、アイトラッキングが活用されています。スポーツ心理学分野ではこの方法によって、アスリートと初心者の心理プロセスにおける違いが明らかになっています。

パフォーマンスを最大化させる為のアイトラッキング

代表的なスポーツ研究施設では、目と手の連携における基本的なテクニックの弱点を把握し、パフォーマンスと目視技術を高めるため、アイトラッキングを利用しています。

アイトラッキングは次のスポーツ分野で利用されています。

  • サッカー
  • 卓球
  • 馬術
  • ホッケー
  • 野球
  • バスケットボール
  • アメリカンフットボール
  • フェンシング
  • テニス
  • 陸上競技
  • マウンテンバイク
  • ゴルフ

  • アメリカンフットボール
  • フェンシング
  • テニス
  • 陸上競技
  • マウンテンバイク
  • ゴルフ

Visual Attention in Formula 1

Formula 1 driver Nico Hülkenberg is one of the world's most talented motor sports drivers and is currently working with the Sahara Force India team. With the purpose of exploring his reaction times and visual reference points while in a Formula 1 car, he was equipped with Pro Glasses 2 while driving at Silverstone Circuit in the U.K. 

Using eye tracking, we see that the view of the Formula 1 driver is obstructed by the front wheels and Hülkenberg is forced to make decisions using limited visual information. His focus of attention is on the road, curves, and apex lines. He only uses his peripheral view to get information from the rev counter on the steering wheel.

Ski Coaching with Tobii Pro Glasses 2

This video shows how eye tracking can be used as a training assessment tool in sports. The skier wears Tobii Pro Glasses 2, and the coach looks at the gaze data to evaluate the performance.

才能の判断

眼球動作は、そのままスポーツ能力に影響します。このために、生まれ持った焦点動作や軌道判断能力の測定が、その人が持つ潜在能力の判断において大きく寄与します。トレーニングセッションでの視線映像を見ることで、すぐにアスリートの探索能力や、逆にもっと重要なその能力の欠如を明らかにすることができます。アイトラッキングにより、トレーニング中とストレスのかかる環境下での焦点の違いをはっきりさせることができます。うまくできなかった点を把握することで、トレーナーは一貫したトレーニングを行い、欠点の克服がもっと簡単になります。

特にチームスポーツにおいて、競技中の選手の周囲環境の捕らえ方を把握することで、スポーツにおける成功のキーポイントがもっと見えてきます。

スポーツ心理学におけるアイトラッキング利用

これは、私たちのお客様であるデュービン大学心理学研究科の映像です。アイダン・モラン教授は、プロアスリートと初心者との心理プロセスの違いを把握するための、集中的なアイトラッキング研究について説明しています。このデータは、次世代のプレーヤーを育てるコーチにとって役に立つでしょう。

事例

Using Eye Tracking to Analyze Surfers’ Gaze Patterns

Under the name Vision in Motion (VIM), several researchers from different areas of sports science combined their existing research constructs to study perceptual-cognitive expertise in surfing using both eye tracking and motion analysis technology. The insights obtained can help enhance the performance of athletes by optimizing their perception and action patterns. 続きを読む

Swiss Ice Hockey Association

Swiss Ice Hockey Associationが実施した研究において、アイトラッキングが、アイスホッケーのシューティングの際に物理的なタスクの実行中に視線の動きを研究するために使用されました。研究では、シューティングスキルを向上させるためのトレーニング方法を開発するために使用され、成功率の高いシューターの視線の動きを調査し、新たな洞察を生成しました。 続きを読む

  • Martin, C., Cegarra, J., & Averty, P. (2011). Analysis of Mental Workload during En-route Air Traffic Control Task Execution Based on Eye-Tracking Technique. In D. Harris (Ed.), Engineering Psychology and Cognitive Ergonomics (pp. 592–597). Springer Berlin Heidelberg. Retrieved from http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-642-21741-8_63
  • Marshall, S. P. (2009). What the Eyes Reveal: Measuring the Cognitive Workload of Teams. In V. G. Duffy (Ed.), Digital Human Modeling (pp. 265–274). Springer Berlin Heidelberg. Retrieved from http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-642-02809-0_29
  • Dehais, F., Causse, M., & Pastor, J. (2008). Embedded eye tracker in a real aircraft: new perspectives on pilot/aircraft interaction monitoring. Presented at the Proceedings from The 3rd International Conference on Research in Air Transportation. Fairfax, USA: Federal Aviation Administration.
  • Nocera, F. D., Camilli, M., & Terenzi, M. (2007). A Random Glance at the Flight Deck: Pilots’ Scanning Strategies and the Real-Time Assessment of Mental Workload. Journal of Cognitive Engineering and Decision Making, 1(3), 271–285. https://doi.org/10.1518/155534307X255627
  • Nocera, F. D., Camilli, M., & Terenzi, M. (2006). Using the Distribution of Eye Fixations to Assess Pilots’ Mental Workload. Proceedings of the Human Factors and Ergonomics Society Annual Meeting, 50(1), 63–65. https://doi.org/10.1177/154193120605000114

機材価格や調査の詳細をご希望の方はこちらから

簡単フォームへ