qucik

導入をご検討の方、お気軽にご連絡ください。

簡単お問い合わせフォームはこちらから

建設現場での安全性向上

Nebraska-Lincoln大学の研究者は、視線計測を使用して、建設現場における人為的ミスの原因を調査しました。
ヒューマンエラーの本質と根本的な原因を理解することで、現場の安全性を向上させ、オペレーターと使用する機器の相互作用を最適化することができました。

課題

ヒューマンエラーは全労働災害の80%を占める大きな要因です。このエラーの性質と根本的な要因を理解することは、職場の安全性の向上、作業者と機器のオペレーションを最適化するために役立ちます。

この研究では、研究者はスクリーンベースのアイトラッカーと、ウェアラブルタイプのアイトラッカー両方を使用して、ヒューマンエラーが建設現場で発生する可能性について予測しています。

調査内容

Tobii Pro Glasses 2 are used for assessing situational awareness at construction work sites

14人の被験に、様々な危険が潜在的に存在する通路を歩くように指示が出されました。彼らの自然なフル回と捉え、リアルタイムに何を注意していたかを探るために、被験者はTobii Pro グラス2を装着しました。
視線データは状況認識(SA)アンケートと組み合わせて使用されました。

 状況認識(SA)アンケートによる、被験者の状況認識スコアに基づき、被験者は高い状況認識スコアのグループと、低いスコアのグループにわけられました。

視線データのメトリクスは、どちらのグループでも、全ての関心領域(AOI)で算出され、被験者が、視野全体に注意を分散し、危険を識別するという点において大きく異なるかどうかを判断するために、順列シミュレーション分析を使用して、視線データを分析しました。

結果

Tobii Pro Glasses 2 are used for assessing situational awareness at construction work sites

状況認識スコアが高い参加者は足元を見ておらず、歩行だけではなく、意図した作業にもバランスよく注意を払っていました。
スコアが低い参加者は、全ての注意を歩行に奪われていたことが明らかになりました。

このプロジェクトでは作業者の経験性格を、注意・記憶、知覚に関するリアルタイムデータと組み合わせて分析することでヒューマンエラーを予測し、今後の建設現場における事故を防ぐためのモデルを生みだしました。
このモデルでは、現場管理者がリスクおのある作業者を識別し、ヒューマンエラーを防ぐための指標をベンチマークします。

短期的には作業者の危険認識レベルを向上させ、有効なトレーニングを行うことが出来ます。長期的には安全保護具の改善や、建設労働者の状況認識測定をリアルタイムで行うシステムの基礎となり得ます。

作業者の視線は注意とワーキングメモリの指標です。ヒューマンエラーを予測し、建設現場での事故を防ぐための信頼できるアルゴリズムを構築するために使用出来ます。Tobii Proのウェアラブルアイトラッカーのライブビューは危険性の高い作業者をリアルタイムで検出し、事故を未然に防ぐ、もしくは重大な事故にならないように防ぐことに役立ちます。

Behzad Esmaeili, Ph.D., Assistant Professor, University of Nebraska-Lincoln

関連情報

お問い合わせ

qucik

現場での安全面を強化したい方、ご連絡ください。

問い合わせフォームはこちらから