logo,JRWEST

さらなる安全・安定輸送実現のために

JR西日本では若手車掌への教育のためにアイトラッキングをご活用いただきました。

課題

ホーム上の確認すべき部分を若手車掌に具体的に教育していかなければならないが、駅停車中のドア扱い時、熟練車掌が見ている部分を視覚的に共有することが困難で、口頭での指導が多い。

結果

違いの判明

Case,JRWEST

ベテラン車掌は、ドアを閉める瞬間、ホームと確認用モニターに交互に視線を送り、両方を確実に目視しているのに対し、若手車掌は、視線の多くをホームに向けていて、確認用モニターを見たのは一瞬だった。また、ベテラン車掌は、ホーム、確認用モニターともにより奥の方を見ていたのに対し、若手車掌は手前を見ていた。

教育への活用

Case,JRWEST
  1. 京阪神エリア全車掌への映像教育
    解析した結果を基に、視線映像や数値を使用した教育資料を作成し、安全教育に活用。
  2. 新任車掌養成時の教育
    車掌になる際の養成場面において、実際に視線移動を撮影し、その場で確認する。自身の視線移動を映像で確認することで、ドア扱い時の視線移動や注意配分に関しての振り返りに使用する。

本事例やその他の実績についてご興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

簡単お問い合わせフォームへ