logo,TOKYOMARINENICHIDO

事故防止の支援への活用

東京海上日動火災保険では、お客様の事故防止の支援へアイトラッキングをご活用いただきました。

課題

Case,TOKYOMARINNICHIDO

フォークリフトと作業員の衝突、フォークリフトの天井部分と自動シャッターの接触事故が多い。

結果

違いの判明(対作業員)

Case,TOKYOMARINNICHIDO

熟練作業者は、作業中、トラックの荷台だけでなく、周辺で作業をしているドライバーの顔を見てアイコンタクトをとろうとしていた。一方、若手作業者はドライバーの存在は認識していたものの、顔に視線が行くことはなかった。

違いの判明(対自動開閉シャッター)

自動シャッターの扉を通過する際、熟練作業者はセンサーが反応してシャッター扉が実際に上がるのを目視確認してからフォークリフトで侵入していた。一方、若手作業者は、センサーランプが青に変わったタイミングでフォークリフトの侵入を開始していた。

その他の事例や無料デモのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ