技術継承のカギは、視線にアリ?!

このページでは技術継承の課題に対する解決策をご紹介します。
アイトラッキングの活用により、

育成期間の年間400時間短縮

が見込まれる事例や、実際に

半分になった実績

があります。

技術継承には、熟練者の技術の標準化・マニュアル化が必要。その理由とは?

技術継承には、熟練者の技術の標準化・マニュアル化が必要です。

なぜか?
技術継承がうまくいっている企業と、うまくっていない企業を比較した中小企業庁の調査に決定的な証拠があります。
それは、

技術継承がうまくいっている企業の60%で「熟練技術・技能の標準化・マニュアル化」が実施されている一方、うまくいっていない企業は実施が30%以下にとどまる

というデータです。

skillstransfer-goodorbad

出典:中小企業庁 中小企業白書 第2節 技術・技能承継の取組

さらに別の視点で見ると、組織内の熟練者の割合が増えれば増えるほど「技術継承がうまくいっていない」という企業が多くなるというデータもあります。

技術継承に課題を抱えている企業にとって「標準化・マニュアル化」が必要だということが以上のデータから伝わっていると幸いです。
しかし、具体的にはどうすれば良いでしょうか。

アイトラッキングは、熟練者の技術を丸ハダカにする

「標準化・マニュアル化」が難しいという企業はとても多いです。理由はどこにあるのでしょうか?
多く耳にするのは、「仕事は先輩の背中を見て覚えるものだ」という熟練者の意識や、作業を見て覚える、経験を積んで覚えるという方法しかそもそも無いというものです。

アイトラッキングは、熟練者がどこを見ているか?という視線を可視化し、上に挙げた理由を払拭します。

論より証拠です。以下の動画をご覧ください。

この動画は、少しの加工で

そのまま研修マニュアルに使えます。

動画でご紹介した企業は熟練者の技術継承に成功し、

年間400時間の育成時間短縮

を見積もっています。

DENSOでも、標準化により

期間従業員の育成期間が半分

になりました。

今なら、貴社に伺ってデモを行うことができます。熟練者と新人の視線の想像以上の違いに驚く企業も多いです。デモはもちろん無料です。
想像してください。技術継承が進まないと貴社はどうなりますか?今すぐお問合せください。

無料デモの依頼や、貴社での事例のお問い合わせはこちら

問い合わせる