こんなお悩みはありませんか?

新人の教育期間を短縮したい

  • 熟練者の引退が間近に迫っていて、限られた時間の中で教育する必要がある。
  • 熟練者が教育に時間を取られて、生産量が下がっている
  • 期間従業員が多いが、なかなか現場に出せず人件費のロスにつながっている

不良の見逃しを減らしたい

  • 顧客や後工程からのクレームを減らない
  • 再検査にコストが掛かっている
  • 生産量が頭打ちになっている

技能の見える化で解決します

見える化の具体的な流れ

調査の流れ

実績

デンソー様ではヒアリングを含むアイトラッキング調査をもとにベテランの技能を標準化し「外観検査手順書」へ反映。現在、新人検査員に対して必ずアイトラッキングを活用した指導を行っており、

育成期間を1/2に減らすことに成功しています。

NHKニュース「おはよう日本」でも取り上げられ、アイトラッキングは多くの企業で標準的に取り入れられています。

デンソー

検品の精度も上がって効率も上がった。育成には非常にアイトラッキングは有効

平山 要さま, デンソー 西尾製作所 ガソリン噴射製造部 工場長

その他の事例

その他にも次のような効果が出ています

  • 電子メーカー様:外観目視検査において、動画を用いた映像教育を
            行い能率が25%改善。
            2か月でアイトラッキング導入の効果を確認。
  • 自動車関連メーカー様:①タイヤの外観目視検査の訓練期間短縮
               ②タイヤのNGテストでの不良検出率が、
                アイトラッカー活用前後で向上。
  • 自動車メーカー様:ライブOJTを実施することで塗装目視検査の
             教育期間が1.5カ月→3週間に短縮。
  • 航空機部品メーカー様:航空機部品の目視検査の教育において、
               検査員の確認方法が品確者に移植され、
               結果として作業時間が26分→11分に短縮。

    その他、実績多数ございます。

資料請求やwebサイト未掲載の事例についてはお気軽にお問合せください。
お電話の場合は03-6420-3990までご連絡ください。
          資料請求・事例について問合わせる