視覚による認識

アイトラッキングは、眼の動きの役目と性質を研究する確立されたテクニックであり、人間が物事をどのように感受し、解釈、そして行動するかを研究することができます。

視覚解釈の研究にアイトラッキングが使われる理由

アイトラッキングは、人間の視覚解釈を様々な角度から効率的に研究することができるツールです。

  • 日常活動における人の眼の動きを研究し、人の認識・知覚行程また限度を見極めます。
  • 不注意からなる盲目と視覚記憶力の変化についての研究が可能です。
  • 視覚による注意力の行程とガイダンス機能の研究に利用できます。

眼の動きの膨大なデータで、比較研究を効率化

アイトラッキングは、眼力行動のうちの眼の動きについての膨大な情報を調査員に提供することができます。この研究により、重度の頭蓋骨損傷等の行動性質と行動様式を発見することができます。目標に向かって膨大な量のデータを収集することは、他の症状や損傷の見極めを補佐する情報となります。例えば:

  • 潜在的行動、眼の早すぎる・遅すぎる動き、また抑制といった衝動性の行動
  • 焦点合わせの安定化・不安定化
  • 追跡機能の変更といった滑らかな眼の動き
  • 斜視(制御不能な眼の内側・外側移動)や弱視といった両眼視能や両眼離反運動
  • 緩やかな動きの傾斜と早い動きの大きさといった眼振(素早い制御不能な眼の動き)

事例

Cardiff University

カーディフ大学の視覚科学部では、Tobii Pro グラス2を使って視力に問題のある人々の眼の動きを研究しました。研究者は、周囲の環境がどのように視力低下に影響を及ぼしているのかを把握することができました。 続きを読む

University of Melbourne

オーストラリアのメルボルン大学の視覚科学部では、眼球運動の障害、特に眼振に対して、アイトラッキングが確実な診断ツールとして使えるかどうかの可能性を研究しています。 続きを読む

参考文献

  • Murray, I. C., Perperidis, A., Cameron, L. A., McTrusty, A. D., Brash, H. M., Tatham, A. J., … Minns, R. A. (2017). Comparison of Saccadic Vector Optokinetic Perimetry and Standard Automated Perimetry in Glaucoma. Part I: Threshold Values and Repeatability. Translational Vision Science & Technology, 6(5), 3. https://doi.org/10.1167/tvst.6.5.3
  • Yow, A. P., Wong, D., Liu, H., Zhu, H., Ong, I. J.-W., Laude, A., & Lim, T. H. (2017). Automatic visual impairment detection system for age-related eye diseases through gaze analysis (pp. 2450–2453). IEEE. https://doi.org/10.1109/EMBC.2017.8037352
  • Kiefer, A. W., DiCesare, C., Nalepka, P., Foss, K. B., Thomas, S., & Myer, G. D. (2017). Less efficient oculomotor performance is associated with increased incidence of head impacts in high school ice hockey. Journal of Science and Medicine in Sport. https://doi.org/10.1016/j.jsams.2017.06.016

心理学と脳神経学

Tobii Proは、心理学や神経科学の研究のためにアイトラッキング製品およびサービスを提供しています。Tobii Proのアイトラッキングは、研究室などコントロールされた実験環境だけでなく、オフィスや自宅のようにリアルな環境においても人間の行動を調べることができます。

Tobii Proの様々なソフトウェアソリューションによってデータ分析が容易に行えます。また、他社のソリューションと連携させた分析も可能です。 続きを読む

機材価格や調査の詳細をご希望の方はこちらから

簡単フォームへ