神経科学

アイトラッキングはfMRIのような神経科学の手法と比較してロバストネス性が高く、また時間短縮及び費用対効果もあります。視覚的及び神経科学的な機能や病気、脳へのダメージの具合を調査するために多くの研究者が利用するようになってきています。

神経科学的な機能と脳の情報処理の入口であるアイトラッキング

脳の大脳皮質及び皮質は、視覚処理と眼球運動の調整に関わる部分です。眼球運動は視覚的特徴と作業に関連した情報を選択するために観察者が自身で決定した目的が相互に作用しあって決まります。

アイトラッキングによって、研究者らはこの視覚運動が辿る軌跡の一部を参考にして機能の様々な側面を調査することが可能になるのです。

アイトラッキングは以下の研究を含めて広範囲な神経科学研究に利用されています。

  • 眼球の衝動性運動、凝視、円滑追跡などの眼球運動
  • 視覚処理
  • 眼球運動、視覚と遂行課題間の関係性
  • 注意力の研究におけるobject-by-object検索体系
  • 視覚性無視時の眼球運動パターン
  • 知覚的な意思決定に関連した神経科学的な機能
  • 視覚的及び聴覚的モダリティにおける注意力の隠れたspatial orientingに関連した神経科学ネットワーク

心理学と脳神経学

Tobii Proは、心理学や脳科学などの研究室といった制御された設定での研究だけでなく、オフィスや自宅のように、実際の環境に人間の行動を調べるためのアイトラッキングシステムを提供しています。データの分析は、当社の様々なソフトウェアソリューションと他社のソリューションと連携することで能力をより高めることも可能です。 続きを読む

Audi Attitudes

アウディは、無自覚の運転における現象を更に明らかにするための研究において、Tobii Proのウェアラブル型アイトラッカーを使用しています。ウェアラブル型アイトラッカーは、運転者 が覚えていないような運転中の行動や出来事の洞察を行う事が可能です。アイトラッキング データは無自覚の運転のある段階における注視パターンの大きな変化を明示し、ある現象に結 びつく状況や外的な要素を特定するのに役立ちます。 続きを読む

  • Faber, M., Bixler, R., & D’Mello, S. K. (2017). An automated behavioral measure of mind wandering during computerized reading. Behavior Research Methods. https://doi.org/10.3758/s13428-017-0857-y
  • Chen, H., & Chen, L. (2017). Support Vector Machine Classification of Drunk Driving Behaviour. International Journal of Environmental Research and Public Health, 14(1), 108. https://doi.org/10.3390/ijerph14010108
  • Unsworth, N., & Robison, M. K. (2017). Pupillary correlates of covert shifts of attention during working memory maintenance. Attention, Perception, & Psychophysics. https://doi.org/10.3758/s13414-016-1272-7

下記よりお問い合わせください。