package

売れるパッケージとは?

パッケージの見られ方を数値化し、客観的評価をすることで、より効果的にします。
消費者の注意・興味を「見える化」し、印象・記憶・理解を調査します。

新商品のパッケージ、パッケージのリニューアル、競合他社との比較などに活用できます。

こんなお悩みをお持ちですか?

見られている?

A woman wearing Tobii Pro Glasses 2 looks at a shelf with products.
  • どの要素が目立っている?
  • どのように比較して見ている?
  • 選びやすい?

理解されている?

packaging
  • 意図しているメッセージは伝わっている?
  • ブランドの認知/記憶はしている?
  • ロイヤリティはどの要素から感じている?

潜在顧客へのリーチができている?

package
  • ターゲットの需要に合っている?
  • コンセプトは届いている?
  • 競合他社の顧客にアプローチするには?

導入メリット

競合他社に打ち勝つパッケージへ!

影響を与える要素を明確化

  • どの要素が早く見られたのか、を探れる
  • どの要素が多く/長く見られたのか、を探れる
  • どの要素を見て、○○と印象づけられたのか、を探れる

消費者の無意識を掴む

  • 消費者の無意識を見える化
  • インタビュー/アンケートだけでは引き出せない「本音」を探る
  • 内部評価ではなく、裏づけされたデータから評価

比較・分析

  • 新旧パッケージの比較
  • 競合他社と比較
  • デザイン案の比較

~導入事例~

食品・飲料・化粧品・医薬品メーカーでの実績多数!!!

ウェアラブル型アイトラッカーを使ったパッケージ調査

クレムソン大学消費者経験研究所は、消費者が商品を購入する際、その決定を促す為のパッケージ改善に向けて、ウェアラブル型のアイトラッカーを使って調査を行いました。

その一部のビデオをご覧下さい。

据え置き型アイトラッカーを用いてのパッケージ調査例

※英語のみのご案内となります。

Strategir

Stratégirは購入プロセスのシミュレーションとバーチャル棚を使用して、新規および既存の商品をテストしました。インタビューではわからない消費者行動を解明し、パッケージデザインの変更で、15%の売り上げアップを達成させました。 続きを読む

早稲田大学

「見る」ことと商品選択の関係についての既存の実証研究では、 対象物への注視と商品評価(選択)との間には相関関係が確認されています。
そこで、消費者は「好きだから見ている」のか、「見るから好きになるのか」ということが問題となっていました。 続きを読む

その他の事例や無料デモのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
  • Hurley, R. A., Rice, J. C., Koefelda, J., Congdon, R., & Ouzts, A. (2017). The Role of Secondary Packaging on Brand Awareness: Analysis of 2 L Carbonated Soft Drinks in Reusable Shells Using Eye Tracking Technology: The Role of Secondary Packaging on Brand Awareness. Packaging Technology and Science. https://doi.org/10.1002/pts.2316
  • King, J., Rice, J. C., & Hurley, A. (2017). Consumer Appeal of Injection IML Packaging vs. Similarly Decorated Glass Jars, Composite Cans, and Metal Cans Using Eye Tracking Technology. Journal of Applied Packaging Research, 9(2), 1.
  • Varela, P., Antúnez, L., Silva Cadena, R., Giménez, A., & Ares, G. (2014). Attentional capture and importance of package attributes for consumers’ perceived similarities and differences among products: A case study with breakfast cereal packages. Food Research International, 64, 701–710. https://doi.org/10.1016/j.foodres.2014.08.015