自閉症スペクトラム障害(ASD)

Tobii Proのアイトラッカーは、対人的相互反応や社会的コミュニケーションについて、典型発達の子どもと自閉症スペクトラム障害のある子どもとの違いを研究するために使われています。研究者たちは、自閉症の診断と対策を助けるため、自閉症の初期の兆候を見つけることを望んでいます。

診断プロセスにおけるアイトラッキング

自閉症の診断は、診断基準に列挙されているそれぞれの症状に合致するかどうかで判断されます。アイトラッキングは、専門家が診断プロセスで使用することができる技術です。
近年では、あごを載せる台や自由な動きを妨げるヘッドギアを必要とせず、精度が高いアイトラッキングシステムが普及し、乳幼児や小さな子供たちの視線データ収集が、大人と同じくらい簡単になりました。

赤ちゃんと子どもの研究

Tobii Proのアイトラッカーは、被験者の頭部を固定せずに計測でき、自然な行動を妨げることなく調査することができます。これは、乳幼児だけでなく、多くの患者さんの研究に有効な特徴です。 続きを読む

アイトラッキングを使った事例

Uppsala University

発達心理学においてTobii Proのアイトラッキングは、乳幼児の認知および社会性や感情面の能力の発達と変化を解明するために活用されています。
スウェーデンのウプサラ大学心理学部の乳幼児研究ラボにおいて、Claes von Hofsten教授と彼の研究チームは、Tobii Proのアイトラッカーを使って乳児の心の発達を計測し、典型発達児と自閉症児の社会性を身につける過程の違いについて、研究しています。 続きを読む

大阪大学

大阪大学の研究チームは、視線計測データの時空間的なパターンを解析することにより、自閉症患者を容易に特定できる定量的な方法を開発しました。 続きを読む

  • Murias, M., Major, S., Davlantis, K., Franz, L., Harris, A., Rardin, B., … Dawson, G. (2017). Validation of eye-tracking measures of social attention as a potential biomarker for autism clinical trials: Utilizing eye-tracking as a social communication biomarker for ASD. Autism Research. https://doi.org/10.1002/aur.1894
  • The EASE Team, Nyström, P., Bölte, S., & Falck-Ytter, T. (2017). Responding to Other People’s Direct Gaze: Alterations in Gaze Behavior in Infants at Risk for Autism Occur on Very Short Timescales. Journal of Autism and Developmental Disorders, 47(11), 3498–3509. https://doi.org/10.1007/s10803-017-3253-7
  • Karaminis, T., Neil, L., Manning, C., Turi, M., Fiorentini, C., Burr, D., & Pellicano, E. (2017). Ensemble perception of emotions in autistic and typical children and adolescents. Developmental Cognitive Neuroscience, 24, 51–62. https://doi.org/10.1016/j.dcn.2017.01.005

機材価格や調査の詳細をご希望の方はこちらから

簡単フォームへ