ユニ・チャームの事例

ユニ・チャームでは生理用品の新商品がより目立つことを明らかにするために、アイトラッキング×VR調査を利用しました。

背景と結果

これまでも最新技術を活用してマーケティング調査を行ってきたユニ・チャームは、生理用品の新商品がより目立つことを明らかにするために、アイトラッキング×VR調査を利用しました。検証の結果、通常のパッケージより、スタンディングパウチパッケージのほうが、早く見られる傾向にあることが分かりました。

Unicharm_logo2

「今回初めてVRヘッドセットを使ったアイトラッキング調査サービスを利用しました。第一印象は、思ったよりリアルに近いな、でした。仮想的な環境下ではありますが、パッケージや棚割のバリエーション評価に使っていける技術だと感じています。また、デジタル画像で準備できるので、従来のリアル棚調査では必要だった新商品のダミーパッケージ制作や会場設営の物理的な手間が不要になるのも、この手法のメリットだと思います。
すべての調査がVRに切り替わるとは思いませんが、目的に応じて使い分けできればと思います。」

ユニ・チャーム ショッパーマーケティング担当マネージャー

アイトラッキング×VRでコスト削減・時間短縮

VRでのアイトラッキング調査は、これまでリアルなアイトラッキング調査では難しかったことが可能となります。実際の店舗がない、もしくは店舗を用意することができない場合、模擬店舗に比べて、時間とコストを費やすことなく、バーチャル空間で簡単に環境を作ることができます。また、モックアップと比べてパッケージのバリエーション評価も手軽に行うことができます。加えて、調査の品質を下げることなく、分析費用を圧縮し、分析結果が早く分かるので、PDCAを広範かつ迅速にまわすことができます。一方で、商品の質感、奥行き感や商品を手に取る感覚などVRでは表現が難しいものにはリアルな調査が向いています。

本事例の詳細やその他の活用事例についてはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ