教育の研究とアイトラッキング

知識生成プロセス、学生の認知負荷、および教授方法を把握するための、教育に関する研究においてアイトラッキングが利用されています。その結果、学習環境の開発や改善につながります。

教育環境下におけるアイトラッキングの活用

アイトラッキングにより、様々な教育環境下での学生の学習行動や教授方法について、興味深い知見を得ることができます。アイトラッカーが収集したデータにより、様々な学習方法が明らかになり、学生の認知負荷度合いについて理解を深めることができます。この情報はまた、教師の達成度や指導方法の評価にも利用可能です。
学生と教師とのやりとりなど、教室の中で実際に起こっていることが理解でき、研究者は適切な教育プログラムと指導内容を作成して、教育内容を改善することができます。

人財開発

私たちは、様々な環境下での教育のため、ハードウェアおよびソフトウェアだけでなく、トレーニングおよびサポートも提供しています。実環境および研究室のどちらでも調査が可能な、柔軟なソリューションが可能です。

操作が簡単で、リアルタイムに知見が得られるライブビューイング機能から、あらゆる定性および定量分析を行える高機能ソリューションまで、私たちは様々な機能を持つアイトラッカー製品を開発しました。詳しくはこちら。 続きを読む

  • Rahaman, J., Agrawal, H., Srivastava, N., & Chandrasekharan, S. (2017). Recombinant Enaction: Manipulatives Generate New Procedures in the Imagination, by Extending and Recombining Action Spaces. Cognitive Science. https://doi.org/10.1111/cogs.12518
  • Persson, J. R., Wattengård, E., & Jacobsen, E. E. (2017). Investigating Learners’ Viewing Behaviour in Watching a Designed Instructional Video. Uniped, 40(02), 129–139. https://doi.org/10.18261/issn.1893-8981-2017-02-03
  • Mohan, V., Scholl, G., & Gold, J. A. (2017). Use of EHR-based simulation to diagnose aetiology of information gathering issues in struggling learners: a proof of concept study. BMJ Simulation and Technology Enhanced Learning, bmjstel-2017-000217. https://doi.org/10.1136/bmjstel-2017-000217

機材価格や調査の詳細をご希望の方はこちらから

簡単フォームへ