qucik

導入をご検討の方、お気軽にご連絡ください。

簡単お問い合わせフォームはこちらから

建設現場での安全性を向上

Nebraska-Lincoln大学の研究者は、アイトラッキング技術を使用して、建設現場における人為的ミスの原因を調査しました。
この調査により、労働者のハザード識別スキルを向上させ、訓練の有効性を測定するために使用されました。

ヒューマンエラー

調査内容

Tobii Pro Glasses 2 are used for assessing situational awareness at construction work sites
  • 被験者:14名
    様々な潜在的な危険回避の危険を伴う経路上を歩くように指示。
  • 使用製品:Tobii Pro Glasses2
    彼らの自然な振る舞いを捕らえ、リアルタイムで注意の焦点を追跡するため。
  • データ:主観的状況認識(SA)測定アンケートとの組み合わせ。

  • 詳細:主観的SAスコアによって決定された状況認識のレベルに基づき、参加者を2つのグループ(高い状況認識、低い状況認識)に分け、アイトラッキングで関心領域(AOI)にわたって計測し、各AOIの順列シミュレーション分析を用いてデータを分析した。

結果

Tobii Pro Glasses 2 are used for assessing situational awareness at construction work sites

この調査では、状況認識の高い参加者は、足元に注意を払わず、彼らが作業していることにより注意を払っていることが明らかになりました。
一方で、状況認識の低い参加者は、彼らの足元に注意を払っていました。

労働者による経験値と彼らの性格を、注意・記憶・および知覚に関するリアルタイムのデータを組合すことで、人為的ミスを予測し、建設現場における事故を予防するためのモデルを生み出しました。
このようなモデルは、現場の管理者がリスクの可能性がある労働者を特定し、人的ミスを防止するために使用できる指標をベンチマークします。

短期的には、労働者のハザード識別スキルを向上させ、有効敵な訓練にするためとして、長期的には、将来の個人用保護器具の改善と、建設労働者のSAの測定をリアルタイムで行うための基盤にするためにアイトラッキングは活用できます。

関連情報

お問い合わせ

qucik

現場での安全面を強化したい方、ご連絡ください。

問い合わせフォームはこちらから