2 children reading on a laptop

読みと言語研究

人間がどのようにして情報を収集しているのかについての洞察を得るために、読むことにおける眼球運動の研究は、1世紀以上にわたって広く行われてきました。アイトラッキングは、人間の言語処理を客観的に測定するためのツールとして定着しており、言語学や教育研究への応用が期待されています。 

なぜアイトラッキングを使うのか?

Test

アイトラッキングは、人間の認知プロセスや行動パターンを理解するために使用される科学的な研究方法です。 

眼球運動のデータからは、文章の言語理解に関する貴重な洞察が得られます。文字、音節、単語、フレーズ、文など、文の中の様々な分析レベルでの言語処理を理解するのに役立ちます。

教育心理学では、アイトラッキングは学習行動、認知負荷、エンゲージメントについての洞察を得るための優れたツールであることが証明されています。その結果、教材や学習状況を効果的に設計し、評価し、改善するのに役立ちます。

さらにアイトラッキングは、非定型の読解パターンを明らかにするために使用できます。障害に対する理解のキッカケとなり、失読症などの学習障害を客観的に診断する可能性を開くことになります。

読み方の理解が重要な理由

Woman looking at gaze plots using Tobii Pro Lab

視線移動分析では、特定のテキスト部分に割り当てられた視覚的注意の持続時間に関する情報を、フレーズ、単語、または文字のレベルで提供することで、テキスト処理を客観的に把握することができます。

例えば、以下のようなものです。

  • ある単元が読み飛ばされているということは、文脈内でその単元の予測可能性が非常に高いため、処理が容易であることを示している可能性があります。
  • 長い読解時間は、混乱や理解することの難しさを示しているかもしれません。
  • 長い退行(前の行に戻るなど)は、理解の困難さや、その単元が文脈に適していないことを示しているかもしれません。

製品とサービス

Tobiiは、読むことや言語研究のためのアイトラッキングのソリューションを提供しています。 ハードウェアとソフトウェア、そしてサポートとトレーニングを包括的にご用意しています。

Reading Research with Tobii Pro Spectrum Eye Tracker

スクリーンベース

Tobii Pro スペクトラム は、最大1200Hzで視線データを取得します。人間の行動や認知処理、最速の眼球運動のメカニズムなどの幅広い研究のために設計された、Tobiiで最もハイエンドなアイトラッカーです。被験者の自然な頭の動きの間、全方向への高精度、高精度、追跡堅牢性を維持しています。

Tobii Pro フュージョン は、最大250Hzのサンプリングレートで視線を取得できる、ポータブルUSB接続型アイトラッカーです。学校、図書館、その他参加者がアクセスしやすい場所での研究室標準の読書実験をサポートします。

Two people using wearable eye trackers to look at a mobile phone

ウェアラブルアイトラッカー

Tobii Pro グラス3 は、現実環境で高品質な研究を行うための最新ウェアラブルアイトラッカーです。実世界の知覚やインタラクション、モバイルデバイスのインターフェイス、ウェイファインディングなどの研究を可能にします。屋外での研究や、より過酷な研究環境での研究のために、各種アクセサリーをご用意しています。

Tom text

分析用ソフトウェア

ウェアラブル、とスクリーンベース問わず取得したデータは、幅広い研究シナリオのニーズに応えることができる、 Tobii Pro ラボ  を使用して分析できます。直感的に使えるユーザーインターフェースと専用の機能を持ち、研究ワークフロー全体を通してガイドします。例えば、テキスト刺激の文、単語、文字レベルで自動的に生成されるAOIにより、一般的な読解固有のメトリクスを抽出することができます。また、Tobii Pro ラボは、他の生体情報データソースと同期する機能も提供しています。

Woman using a Tobii Pro Chin Rest

あご台

Tobiiのアイトラッカーは、自然な頭の動きを可能にしながら、高品質のアイトラッキングデータを取得するように設計されています。しかし、実験によっては、頭の動きに起因する視線信号のアーチファクトを減らすために、あご台を使用して参加者の頭の位置を穏やかに安定させることが有益な場合もあります。