消費者の興味・関心の推定アルゴリズムを開発。OKIが実証実験を行ったサブウェイの「提案型注文システム」に、トビーのアイトラッキングを活用。

沖電気工業(以下、OKIと表記)様では、日本サブウェイ様と共同して、「AIを用いた感情推定技術」を活用した「提案型注文システム」の実証実験を東京・渋谷で行いました。この実証実験は、テレビ東京のモーニングサテライトでも紹介されました。

「提案型注文システム」の有効性を実店舗で検証。

okidenki

この実証実験では、お客さまの興味・関心が高そうな「おススメ」メニューを提案して、注文時の迷いを軽減できるかどうか検証しました。

サブウェイ渋谷桜丘店にOKIの「提案型注文システム」を設置し、不慣れなお客さまでも簡単に注文できるかを実験したのです。

お客さまに「提案型注文システム」からメニューをご注文していただき、その使用感をアンケートで収集しました。

ウィズコロナ時代に求められる非対面型の注文システムの有用性だけでなく、お客さま1人あたりの接客対応時間の短縮効果も計測し、業務の効率化についても検証が行われました。

 

お客さまの興味・関心を探るため、トビーのアイトラッキングを活用。

「提案型注文システム」には、OKIのAI技術のひとつ「興味・関心推定技術」が使われています。

お店に設置された端末には、AIシステムの他に、カメラとトビーのアイトラッキングが搭載されています。

カメラから得られた表情データとアイトラッキングから得られた視線データを分析し、独自のアルゴリズムにより、お客さまの興味・関心を推定。

そこから、お客さまに適した「おススメ」メニューを提案し、お客さまの注文をサポートするシステムとなっています。

これにより、お客さまのメニュー選択の迷いを解消するとともに、注文方法が分からないお客さまの焦りや緊張を和らげる効果もめざしています。

無意識の心の動きを捉えるトビーのアイトラッキング調査。

トビーでは、研究・開発部門の皆さまに、アイトラッキングをはじめとする生体計測を活用して、人の感情や状態を推定するアルゴリズム開発や製品評価などのベースとなる生体データの取得・分析のソリューションを提供しています。