Clear Channel advertising at a tube station
Clear channel logo

デジタルサイネージの調査 - Clear Channel様

公共交通機関はOOH広告出稿に人気な場所であり、人々が電車やバスを待つときに自然と目に入ってくる場所に設置されています。しかしOOH広告は道順案内や運航情報など、他のメッセージと競合しています。デジタルサイネージは魅力的な広告媒体ですが、通勤中の人々はそれらにどれくらい注意を払っているのでしょうか?

"Tobiiのアイトラッキング調査は、デジタルサイネージの有効性に関して私たちが持っていた疑問に答えてくれました。"

Kristina Norman, Head of Analytics, Clear Channel

背景

Clear Channelは地下鉄駅構内のデジタルディスプレイの有効性と、人々がデジタルディスプレイや他の標識とどのように関わっているか、またデジタルディスプレイがどれくらいの頻度で、どれくらいの時間見られているか、そしてそれが駅構内の他の看板とどのように比較されているかを知りたいと考えていました。

調査方法

この調査には40人が参加し、ウェアラブルアイトラッカーを装着して街中から地下鉄のホームまで歩いてもらいました。その際、周囲の環境を記録し、周囲を見るときの視線を計測しました。

その後、デジタルサイネージへの視覚的注意力に関するデータを分析し、どのようなサイネージを見たか、どのような標識を見たか、どのくらいの時間サイネージに集中していたかについて明らかにしました。

調査結果

その結果、95%の参加者が少なくとも1つのデジタルサイネージを見ていて、83%が3つ以上見ていることがわかりました。

また、デジタルサイネージに関するインタビュー結果によると、回答者の半数以上が地下鉄などのデジタルサイネージに前向きな印象を持っていることがわかり、Clear Channelの営業活動において有益な客観的データとなりました。

資料請求やwebサイト未掲載の事例についてはお気軽にお問合せください。
お電話の場合は03-6420-3990までご連絡ください。

資料請求・事例について問合わせる

関連事例