Tobii Pro X2-60

60Hzレートでの視線キャプチャリングが可能なスクリーンベースのアイトラッカーです。この実績高いコンパクトなリサーチシステムは、研究室外での調査に最適です。また、凝視調査向けに設計されています。

アイトラッカー 特徴

様々な調査シナリオでも信頼して使えるモバイルユニット

Tobii Pro X2-60は極めて適応性高く、様々なタイプの人の行動調査に適しています。
/>
そのスリムなデザインからコンパクトな調査が可能です。被験者の自宅、病院、学校、モールなど様々な環境下で、人目につかずにデータ収集するのに最適です。

Pro X2-60 は、60Hzのサンプリングレートで人の視線の先を正確に表示し、凝視のタイミングと長さの計測が必要な研究用に設計されています。また、様々なアイトラッキング指標の算出など、定性および定量調査にぴったりです。

様々なタイプの調査で利用可能

Pro X2-60は、ノートPC、デスクトップPC、タブレット、TVなど様々なタイプのスクリーンと合わせて利用できます。
また、最大25インチのスクリーンに取り付けることができます。モバイルデバイスに簡単に取り付けられる付属品も準備しています。データの品質は保ったまま、最大36°の広角範囲での視線トラッキングができるため、大型スクリーンを使った調査も可能です。
また他にも、実世界上の物や人などの視覚刺激を用いた調査のための付属品も準備しています。

使い方は簡単

シンプルなセットアップ、設定、および自動化機能により、効果的なアイトラッキング調査が可能です。

  • 付属の取り付け装置を使って、様々なスクリーンに設置可能
  • 付属の外付けプロセスユニットを使って、制御された環境下でも機能を発揮。シンプルな設定のみでWindows 7および8.1上で動作します。
  • Mac OS XおよびLinuxをサポート 
  • 被験者の測定を自動かつ短時間で実施

私は、Tobii Pro X2のとても軽くて小さいという要素を本当に気に入っています。X2は、ラボや現場で簡単に毎日使うことができます。セットアップも素早く簡単。Tobii Proは、アイトラッキングをスタートすることを簡単にしています。

Jennifer Romano Bergstrom, Ph.D. and User Experience Project Leader, Fors Marsh Group, USA

自然な動作のキャプチャリング

被験者はトラッキング中、スクリーンからの距離を意識することなく、頭部を自由に動かすことができます。被験者にストレスを与えないテスト環境が準備でき、被験者は自然な動作を続けることができます。

  • 頭部が速く大きく動いても大丈夫
  • 視覚刺激からの距離に関わらず、極めて正確なデータを収集できます(ノートPCのように近い距離でも、ATMなどの少しはなれた距離でも)。
  • 再測定の必要のない、安定した信頼性高いアイトラッキング測定が可能です。

正確で安定したトラッキング

本製品の極めて高い精度と実環境に対する強力なロバスト性により、どのようなタイプの母集団に対しても、確実に高品質なデータを収集できます。

 

  • トラッキングボックスの範囲内で、極めて正確に視点データを収集
  • 被験者の人種、補正レンズの有無に左右されず、データロスを抑えることのできる、安定したトラッキング性能
  • 2台のカメラにより、自動的にアイトラッキングを明瞳孔モードか暗瞳孔モードのいずれかを選択します。
  • 被験者の頭部がブレたり、照明が直接あたらないような環境でも、正確で安定したトラッキングが可能です。

Tobii Pro X2を使用して、だたただ驚くばかりだった。素晴らしい!

Oliver Bradley, Global eCommerce Innovation & Strategy Director at Unilever

コンポーネント

アイトラッカーユニット

アイトラッカーユニットは、長さがたった324 mm (12.7インチ)、重量が118 g (4.2 oz.)と軽量です。付属の取り付けブラケットを使って、PCモニタ、ノートPCおよびタブレットなど、最大25インチ(16:9)のスクリーンに設置可能です。 

また、モバイルデバイス用の取り付け装置、大型スクリーンや実世界の視覚刺激体 (広角最大36度まで対応) 用の取り付け装置も付属品として準備しております。

外付けプロセスユニット

視線データを用いた計算は、本ユニット内のファームウェアによって行われます(USB2.0、LAN、および電源ケーブルが必要)。本ユニットにより、アイトラッキングデータ処理に専念してテストが行える、コントロールされた環境を作ることができます。また本ユニットは、Mac、Linuxおよび性能の低いPC上でも動作します。本ユニットによって、Pro X3-120とE-Prime等様々な機器との接続が可能です。

あるいは、お持ちのPCで計算処理を行うこともできます(USB3.0ケーブルが必要)。

詳細

サンプリングレート 60 Hz
サンプリング変動 0.1 Hz
精密度(Precision) 0.4°
正確度(Accuracy) 0.34°
頭を動かすことの出来る範囲 幅 x 高さ: 50 x 36 cm (20 x 14ʺ) @70 cm" 
動作距離: 40–90 cm (15.7–33.5ʺ)
遅延時間 合計システム遅延: < 35 ms
視線検出補正時間 まばたきの場合: すぐ
推奨スクリーンサイズ 25インチまで (16:9)
瞳孔検出 両眼、明暗瞳孔(自動認識)
データアウトプット
タイムスタンプ
視線位置
瞳孔位置
瞳孔径
有効コード

More detailed specifications can be found in the Tobii Pro X2 product description. 

アイトラッカーユニット

サイズ 184 x 28 x 23 mm (7.2 x 1.1 x 0.9ʺ)
重さ 200 g (7.1 oz)
アイトラッカープロセッシング 外部処理ユニット
コネクター USB 2.0
付属品 モニター、ノートパソコンやタブレット用の接着剤取付ブラケット
コネクター USB 2.0, LAN and パワーコネクター
サイズ 116.6 x 112 x 39 mm (4.6 x 4.4 x 1.55'')
重さ 500 g (17.6 oz)

 







外部処理ユニット

コネクター  USB 2.0, LAN and power connector
Size 116.6 x 112 x 39 mm (4.6 x 4.4 x 1.55'')
Weight 500 g (17.6 oz)

ソフトウェア互換性

Tobii Pro Studio 3.2以降
Tobii Pro Analytics SDK 3.0以降
Tobii Pro AnalyticsのSDK3.0以降で構築された他のアプリケーション
アテンション・ツール、iMotions
E-Prime Extensions, Psychology Software Tools (PST)
i2 Visualizer Implicit System, Eyesquare
Observer XT , Noldus

パッケージ

 裝備實驗室
アイトラッカー技術とナレッジにより、大学の研究ラボを支援するアカデミックプログラムです。様々なTobii Proアイトラッカーおよび分析用ソフトウェアライセンス、および豊富なナレッジソースへのアクセスとサービスまでを含めたパッケージ製品です。 続きを読む

資料&サポート

関連製品

Tobii Pro Studio
スクリーンベースのアイトラッカーから収集したデータの解析とビジュアル表示を行うソフトウェアです。テスト設計からテスト結果の解析およびまとめまでの、研究調査の全工程を支援します。 続きを読む
Tobii Pro Analytics SDK
Tobii Pro製スクリーンアイトラッカー用 無料ソフトウェア開発キットプログラム言語用のAPIです。学術研究用から企業利用のアプリケーションまで、多種多様なアイトラッキング解析アプリケーションの開発が可能となります。 続きを読む
モバイル機器スタンド
Tobii Pro X2-30、X2-60、あるいはX3-120アイトラッカーを使ったモバイル機器テストのための、固定ユニットです。電話、タブレットおよび他の同様機器で機能を発揮します。 続きを読む

関連サービス

オンライン 導入トレーニング
アイトラッキングシステムの設置の案内や、その使用方法を紹介する2時間のトレーニング。 ハードとソフトウェアの基本的な理解から、システムの使用法までを紹介します。 続きを読む
オンサイトインストレーションおよび導入トレーニング
アイトラッキングシステムの1日オンサイト導入サービスです。ハードウェア、ソフトウェアの基本的な理解と、システム全体の使い方を学びます。 続きを読む

アイトラッキング

視線インターフェース

ユーザビリティ評価におけるUX及びUI、ヒューマン・コンピューターインターフェースなど、アイトラッキング(視線計測)を用いる事で評価や最適化を行う事ができます。

  続きを読む

マーケティングと消費者分析

消費者の行動や注意力などをアイトラッキング(視線計測)で計測する事ができます。計測して得た情報を元に、より消費者の目を引くための効果的なアプローチを見出す事ができます。 続きを読む

心理学と脳神経学

眼球がどのように動き(眼球運動)、どんな情報を視界から得ているのか、心理学と脳神経学の分野においてアイトラッキング(視線計測)は使われています。 続きを読む