Tobii Pro スペクトラム

最大サンプリングレート600Hzでのデータ取得が可能なハイスピードのスクリーンベースアイトラッカーです。高品質なrawデータから定義される視線の停留や、マイクロサッケードなどの高速な眼球運動まで、幅広い研究に対応可能です

特徴

幅広い研究へ、高いパフォーマンスをご提供

Tobii Pro スペクトラムはトビーの最先端のアイトラッキングプラットフォームを採用し、高速な眼球運動計測で様々な分野において人の行動やメカニズムを解き明かすためにデザインされたアイトラッカーです。

この優れたシステムは品質の高いデータ(最大600Hz)を取得し、心理学や発達研究、神経科学、リーディング研究、眼科学などの分野での画期的な研究で真価を発揮いたします。

Tobii Pro スペクトラムはトビー特許のアルゴリズムで、洗練されたハードウェアデザインとなり、必要なものが全てそろった製品構成で、品質の優れたデータを取得することが可能となります。

A yound man wearing EEG cap looks at a screen of Tobii Pro Spectrum eye tracker

フレキシブルなセットアップと同期機能

Tobii Proスペクトラムは、様々な研究計画や調査シナリオにフレキシブルに対応いたします。 

TTLポートからのトリガーと正確なタイミングにより他の生体計測器とシームレスな同期が可能です。視線と他の生体計測のデータを合わせることにより、研究の可能性が拡がります。

付属のディスプレイを接続しての使用も、アイトラッカー単体での使用も可能です。画面上に呈示した映像や、実際の空間中の人や物体を視覚刺激とすることが出来ます。

  • 8ビットのTTL信号出力ポートによる同期が可能
  • 着脱可能な24インチディスプレイが付属

 

驚異の頭部可動域

Tobii Proスペクトラムは他のどの高サンプリングレートのアイトラッカーよりも、頭部の動きを許容します。またサッケード時のデータも極めて正確に計測します。

この特徴的な機能により、行動観察や認知においてより深く人を解き明かすことが可能です。さらに、サッケードやトレモア、マイクロサッケードなどの速い眼球運動のメカニズムを対象とした研究も、頭部が拘束されない自然な状態で被験者を計測いたします。

顎台などで計測中の頭部固定が必要であった実験や、じっとしているのが難しい年齢の子供を対象とした計測などを、このTobii Proスペクトラムは容易にすることが可能です。

  • 被験者の大きな動きや、速い動作に対して高い許容性を持つ。
  • 計測範囲内に被験者が入れば、瞬時にトラッキングが再開される。
An infant in front of Tobii Pro Spectrum eye tracker looks at a researcher with poppets

信頼できるデータクオリティー

Tobii Pro スペクトラムは、Tobii特許のアルゴリズム、洗練されたハードウェアデザイン、必要なものが全てそろった製品構成で、最高のデータクオリティーを実現しました。このアイトラッカーは極めて正確で優れた眼球の検出能力を持ち、ほとんどの人が被験者になることができます。 

  • Tobiiの持つ3Dアイモデルによって、広範囲で高精度の視線計測が可能。
  • 2つのカメラによって両眼を明瞳孔法、暗瞳孔法で検出し、最大で1秒間600の眼球画像を撮影。
  • 被験者による人種の目の違いや、年齢、めがねの有無に影響されない。
  • 瞬時に目を検出するので、瞬きや被験者が目をそらした時のデータの損失を最小限に抑える。
  • 被験者の頭部が動いたり、周囲の明るさが異なる環境でも正確で精密な視線検出能力を発揮。
  • 安定したサンプリングレートにより、(たとえば脳波計測、皮膚電気反応、心電図など)といったほかの生体計測器との正確な同期が可能。
  • 視線だけでなく、瞳孔のデータも同時に取得。
  • 眼球画像(アイイメージ)により視線取得時の実際の眼球の状況の確認が可能。

 

シンプルで独創的なデザイン

Tobii Proスペクトラムのシンプルな設定は、ほんの少しの手間で最先端のアイトラッキングを研究に取り入れることが出来、研究者の専門知識のレベルに関わらず、トレーニングなしでデータを取得出来ます。

アイトラッカーの設置は、専用のケース内の部品を組み立てるのみです。カメラやレンズなどは自動的に調整されるので、マニュアルでの設定は不要です。組み立てする際、道具は必要ありません。素早く安定したキャリブレーションと生産的に物体を捉えることにより、安心して研究計画を立てて頂けます。

  • 実際の空間中の物体を対象とした設定にも対応
  • VESA規格でアームやテーブル、壁などにも設置が可能
  • 被験者の身長に合わせて簡単に調節が可能

「より自然な状態での実験デザインを考えた時、アイトラッカーが被験者の頭部の動きを許容できることはとても重要です。
この製品は被験者の動きを制限することなくハイスピードでデータを取得するので、新しい研究への可能性を広げます。」

Professor Adam Guastella, Principle Research Fellow and Clinical Psychologist at the Brain and Mind Centre, Faculty of Medicine, The University of Sydney

透明性の高い品質チェックメソッド

Tobii Pro スペクトラムの高品質なデータ水準は確立された様々な手法によってテストされたものです。カメラのフォーカスや各部品の調整を含む全製造プロセスを通して、研究における一貫した再現性を保障するための品質管理を徹底しております。

ソフトウェア開発キット「Tobii Pro SDK」

2017年の第1四半期に、Tobii Pro スペクトラムを制御するソフトウェア「Tobii Pro SDK」を提供開始する予定です。

Tobii Proスペクトラムを制御するソフトウェアは、「Tobii Pro SDK」を使用して作ることが出来ます。多くのプログラミング言語に対応し、複数のプラットフォームで有効なソフトウェア開発キットです。幅広いニーズに合わせ、特別な用途でのソフトウェアを作成するためのシンプルなツールとなり、3D座標やrawデータ、瞳孔データなどの必要な全てのデータにアクセス可能です。

Tobii Pro スペクトラム、Tobii Pro ラボをご紹介する無料ウェビナー

視線から深く人を解き明かす「Tobii Pro スペクトラム」と「Tobii Pro ラボ」の無料ウェビナーにご参加頂けます。 続きを読む

コンポーネント

アイトラッカーユニット

付属のディスプレイで使えるのはもちろん、他のディスプレイやアイトラッカー単体でリアルワールドでの使用も可能です。

スタンド未使用時のサイズは 55 x 18 x 6 cm  です。スタンド使用時には9cm 高くなります。

Tobii Pro Spectrum X-mode hero shot

ディスプレイ

着脱可能な付属の24インチディスプレイは画面上に視覚刺激を呈示して計測が出来ます。クリティカルなタイミングでの刺激呈示が可能な厳選されたディスプレイです。

5ms未満の少ない誤差での刺激呈示はタイミングが重要な研究に適しています。178度の視野角を持つIPSパネルは、対象が画面上のどこに呈示されるかに関わらず、安定した実験を行うことができます。

付属ディスプレイの使用を推奨いたしますが、他のモニターもお使い頂けます。

Tobii Pro Spectrum hero shot

詳細

アイトラッキング仕様

サンプリングレート設定 60, 120, 150, 300, 600 Hz (最大サンプリングレートは機材によります)
サンプリングレート変動性 <0.3%
正確度 0.4°※計測距離 65 cmにおいて
精密度 0.1°※計測距離 65 cmにおいて
頭部可動範囲

幅 x 高さ 29 cm x 23 cm ※計測距離65 cmにおいて

計測距離: 55 – 75 cm 

レイテンシー

トータルシステムレイテンシー: < 5 ms

※眼球画像を取得してから視線データになるまで3フレーム未満

視線復帰時間

瞬目: 瞬時
ロストからの復帰 <= 100 ms

推奨ディスプレイ 付属23.8インチディスプレイ
最大視野角 30°
トラッキング技術 両眼計測、明瞳孔法および暗瞳孔法
データアウトプット(各眼) タイムスタンプ
眼球位置
視点位置
瞳孔径
有効度

アイトラッカーユニット

サイズ 55 x 18 x 6 cm
※スタンド使用時の高さは15 cm
重量 5 kg
アイトラッキング処理 アイトラッカーユニット内処理
コネクタ TTL 入力: 8-bit (DB-9 connector)
通信: イーサネット(RJ-45 コネクタ)
電源: 24 VDC (5.5 mm コネクタ)
イーサネット電源 入力: 100-240 VAC 50/60 Hz
出力 (アイトラッカーへ): 24 VDC, 120 W
ユーザーカメラマウント Standard 1/4'' thread

ディスプレイ

サイズ 23.8インチ
重量 3.8 kg
アスペクト比 16:9
画面解像度 1920 x 1080 ピクセル
画面反応時間 代表値 5 ms
コネクタ

- DVI
- VGA
- HDMI
- ディスプレイポート
- USB3.0 ハブ2 ポート
- C18 電源コネクタ
- 3.5 mm ジャック(同期用)
- 3.5 mm ジャック(音声用)

電源  100-240 VAC 50/60 Hz
内臓スピーカー

1.0 W + 1.0 W

組み合わせ可能なソフトウェア

Tobii Pro ラボ
Tobii Pro SDK (2017年の第1四半期にリリースの予定) 
Tobii Pro SDK内に内臓されたアプリケーション

*)Tobii Proは総合的なテスト手法で性能やデータ品質をチェックしています。上記に記載致しました情報はあくまで予備段階のものです。 

最終的なテスト結果は2017年に公開予定となっております。

関連商品

Tobii Pro ラボ
総合的な生体計測解析ソフトウェアです。実験デザインからレコーディング、解析、結果をわかりやすくプレゼンテーションするなど多彩な機能を活用できます。 他の生理計測との同期機能も備え、スクリーンベースアイトラッカーでもウェアラブルアイトラッカーでも使用できます。 続きを読む

関連サービス

オンライン 導入トレーニング
アイトラッキングシステムの設置の案内や、その使用方法を紹介する2時間のトレーニング。 ハードとソフトウェアの基本的な理解から、システムの使用法までを紹介します。 続きを読む
オンサイトインストレーションおよび導入トレーニング
アイトラッキングシステムの1日オンサイト導入サービスです。ハードウェア、ソフトウェアの基本的な理解と、システム全体の使い方を学びます。 続きを読む

活用領域

心理学と脳神経学

眼球がどのように動き(眼球運動)、どんな情報を視界から得ているのか、心理学と脳神経学の分野においてアイトラッキング(視線計測)は使われています。 続きを読む

赤ちゃんと子どもの研究

幼児や子供の研究者はアイトラッキングを用いて、認識や社会性と情動の発達を誕生から成人へと追う事が出来ます。 続きを読む

臨床研究

眼球疾患や、自閉症スペクトラム障害、ADHD、パーキンソン病等の精神・神経疾患といった識別や、眼球運動の研究にアイトラッキング(視線計測)は使われています。 続きを読む