Tobii Pro ラボ

総合的な生体計測解析ソフトウェアです。実験デザインからレコーディング、解析、結果をわかりやすくプレゼンテーションするなど多彩な機能を活用できます。
他の生理計測との同期機能も備え、スクリーンベースアイトラッカーでもウェアラブルアイトラッカーでも使用できます。

新しい生体計測ソフトウェア

Tobii Pro ラボは、行動観察においてアイトラッキングと他の生理計測データとを組み合わせて解析をすることが可能な、研究の幅を広げる多機能なソフトウェアです。

全てが一体となったこのソフトウェアは、店頭調査から心理実験まで、誰でも簡単に様々な生体計測を始められ、研究の領域を広げ、豊富なインサイトを導き出すツールです。

Tobii Pro ラボはスクリーンベースアイトラッカーとウェアラブルアイトラッカーの両方に対応しています。

概要

効率的なワークフロー

Tobii Pro ラボは高機能で直感的に使えるので、研究の全てのステップを効率的にします。複雑な実験デザイン、アイトラッキングデータの取得、レコーディングの観察や解析、複数のデータを定量的に解析、可視化するなどが簡単に出来る、全てが1つになったソフトウェアです。

 

Tobii Pro Lab software icon
A monitor with Tobii Pro Lab Analysis software

強力なインサイト

Tobii Pro ラボは、わかりやすい解釈とパワフルに表現される解析結果を出すための大量のデータを自動で処理します。ほんの少しのクリックで統計処理をしたり、ビジュアリゼーションを比較したり、全てのデータとそこに隠れた深い特徴的な洞察を得ることが出来ます。

Tobii Pro Lab software icon

信頼性の高いデータ

最先端のプラットフォームで構築されたTobii Pro ラボは正確でブレのないミリ秒単位のタイミング精度を保証します。どのような制御下で取得されたかがわかる透明性の高いデータなので、解析や調査結果は信頼性の高いものになります。

生体計測データとの組み合わせ

Tobii Pro ラボはそれほど技術的な知識が無くても、アイトラッキングとEEGGSRECGなどのその他の生体計測データと組み合わせて使うことが出来ます。幅広い生体計測の研究計画や様々な行動観察のパラダイムの出現を可能にし、新たな研究課題を見つける可能性が広がります。

A person wearing EEG cap in front of the Tobii Pro Spectrum eye tracker

特徴

フレキシブルな実験デザイン

画面上に刺激呈示する研究において、カウンターバランスをとったり、ランダマイズされた数百個の刺激呈示が簡単に設定出来ます。

  • 静止画、動画、リアルワールド
  • 複数のタイムライン
  • ドラッグ&ドロップで設定する効率的なインターフェース
  • 複数の視覚刺激を1クリックで設定変更
Tobii Pro Lab: flex design
Tobii Pro Lab software: transparent recording

透明性の高いレコーディング

刺激呈示とアイトラッキングデータ取得中に使いやすいツールでのモニタリングが可能です。

  • スムーズで素早いキャリブレーションがレコーディング前やレコーディング中に行える
  • 乳幼児向けのキャリブレーション
  • 計測器のステータスを常時表示
Tobii Pro Lab software feature: Event Coding

視線のリプレイとイベントログ

被験者の視線データを重ね合わせたリプレイが出来ます。また、特に関心のある部分や取り除きたい部分等にイベントログを残すことが出来ます。視線データのプロットや停留フィルターの調整に関しても細かい設定値が確認出来ます。

  • 視線データのリプレイ、動画出力
  • イベントログ、出力
  • 視線データの位置座標と速度チャート
  • 眼球運動を定義するフィルターの調整

 

自動リアルワールドマッピング

Tobii Pro グラス2で取得したデータをスナップショット上に自動で集合、マッピングさせる機能です。マッピング後はすぐにデータを抽出し統計処理をしたり、可視化したり出来ます。これはリアルワールドでのアイトラッキングデータの解析にかかる時間を劇的に短縮する機能です。

  • マッピングされたデータの正確さの信頼度グラフ
  • マニュアルによるマッピング補正機能

リアルワールドマッピングをもっと知りたい方はこちら

 

 

強力な解析とビジュアリゼーション

興味領域(AOI)やイベントのメトリクス計算や定量的な解析や解釈のためのデータの可視化が行えます。余計な部分を取り除いたり、関係のある部分にフォーカスして行動コーディングの手法で調査質問への回答部分に絞ったり、ワークフローを最適化することが出来ます。

  • ヒートマップ、ゲイズプロット
  • 興味領域(AOI)、メトリクス
  • タスクイベント
  • rawデータ出力、適切な部分のみを出力するためのフィルタリング
Tobii Pro Lab software: visualizations

シンプルなデータの同期

特に技術的な知識が無くても簡単に刺激呈示とアイトラッキングデータや他の生体計測データとの同期が可能です。

  • 刺激が呈示されるとソフトウェアからパラレルポートを経由してTTL信号が送られます。
  • 刺激呈示開始と呈示時間の正確で短いミリ秒単位でのタイミングで同期します。
  • 画像がディスプレイに呈示されてから50ミリ秒未満です。
  • 送られたイベントで効果的な同期を行います。
Tobii Pro Lab software feature: Biometrics Sync

ソフトウェアエディション

Tobii Pro ラボはスクリーンベースからウェアラブルまでTobii Proのアイトラッカーで使えるソフトウェアです。ご使用目的にあわせて、「フル」、「アナライザー」、「プレゼンター」の3つのエディションからお選び頂けます。

フル エディション

スクリーンベースアイトラッカーを使用される方向けのエディションです。研究のワークフローにおいて実験デザインから、レコーディング、総合的な解析、ビジュアリゼーション、テキストデータ出力と全てのステップに対応しています。フルエディションはアナライザーとプレゼンターの両方の機能を持つ完全版です。

アナライザーエディション
(旧 Tobii Pro グラスアナライザー)

アナライザーエディションは自動のリアルワールドマッピングをはじめ、計測後の解析に必要なビジュアリゼーション、データ出力などが行えます。Tobii Pro グラス2 をご使用の場合はTobii Pro グラスコントローラーで取得したデータを読み込みますので、フルエディションは必要ありません

プレゼンターエディション

スクリーンベースアイトラッカーを使用する場合、プレゼンターエディションがあれば、実験デザイン、レコーディング、rawデータ出力が可能です。取得したデータを解析するにはアナライザーエディションまたはデータ処理と解析のためのサードパーティのソフトウェア(: SPSSMatlabExcelなど)を使います。

システム スペック

最小要求スペック:

  • Windows 7 以降
  • 64-bit Windows
  • 画面解像度 1280×768 ピクセル
  • 2nd Gen Dual Core Intel Core i5 2.3 GHz or higher
  • 4GB RAM
  • Integrated Graphics Card
  • 256GB 7200RPM Hard Drive

推奨スペック:

  • Windows 7 以降
  • 64-bit Windows
  • 画面解像度 1920×1080 ピクセル
  • 4th Gen Quad Core Intel Core i7 3.0 GHz or higher
  • 8GB RAM
  • Dedicated Graphics Card
  • 256GB SSD Hard Drive

トライアル

Tobii Pro ラボ フリートライアル

その他マニュアルを検索

Tobii Pro ラボ アナライザーをダウンロードして、30日間無料でご試用頂けます。Tobii Proの新しいソフトウェアのいくつかの主要な機能をお試しいただけます。

お試しして頂ける製品は最新版です。このバージョンで作成したプロジェクトは、古いバージョンでは使用出来ません。

資料&サポート

関連製品

Tobii Pro Glasses 2
実世界でのあらゆる調査のための、ワイヤレスライブビュー機能付ウェアラブルアイトラッカー超軽量かつユーザ志向の設計により、自然な目の動きを妨げずと簡単に使えます。システムのデータキャプチャリングレートは50Hzです。 続きを読む
Tobii Pro スペクトラム
最大サンプリングレート600Hzでのデータ取得が可能なハイスピードのスクリーンベースアイトラッカーです。高品質なrawデータから定義される視線の停留や、マイクロサッケードなどの高速な眼球運動まで、幅広い研究に対応可能です 続きを読む
Tobii Pro X3-120
120Hzレートでの視線キャプチャリングが可能なスクリーンベースのアイトラッカーです。この超スリムで強力な調査用製品は、研究室外での調査に最適です。また、次世代のアイトラッキング技術を採用し、今まで以上に大人数を対象としたトラッキングが可能になりました。大量の細かい凝視データを扱う調査用に開発されました。 続きを読む

関連サービス

オンライン 導入トレーニング
アイトラッキングシステムの設置の案内や、その使用方法を紹介する2時間のトレーニング。 ハードとソフトウェアの基本的な理解から、システムの使用法までを紹介します。 続きを読む
オンサイトインストレーションおよび導入トレーニング
アイトラッキングシステムの1日オンサイト導入サービスです。ハードウェア、ソフトウェアの基本的な理解と、システム全体の使い方を学びます。 続きを読む

活用領域

マーケティングと消費者分析

消費者の行動や注意力などをアイトラッキング(視線計測)で計測する事ができます。計測して得た情報を元に、より消費者の目を引くための効果的なアプローチを見出す事ができます。 続きを読む

心理学と脳神経学

眼球がどのように動き(眼球運動)、どんな情報を視界から得ているのか、心理学と脳神経学の分野においてアイトラッキング(視線計測)は使われています。 続きを読む

赤ちゃんと子どもの研究

幼児や子供の研究者はアイトラッキングを用いて、認識や社会性と情動の発達を誕生から成人へと追う事が出来ます。 続きを読む