次世代NUI『視線入力』、三菱電機「コンセプトカー」に搭載!

                                                                                2013年11月21日
                                                  トビー・テクノロジー・ジャパン株式会社

11月22日(金)から開催される「東京モーターショー」にて展示決定!
日本初! アイトラッキング世界シェアNo.1のトビーが提唱する
次世代ナチュラルユーザーインターフェース『視線入力』が
三菱電機が開発した「コンセプトカー」に搭載!

                     
                      三菱電機が近未来のEV車をイメージして制作されたコンセプトカー「EMIRAI 2」

 

アイトラッキングで世界シェアNo.1のトビー・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:蜂巣 健一 以下 トビー)が提唱する次世代ナチュラルユーザーインターフェース『視線入力』が、三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区 執行役社長:山西 健一郎 以下 三菱電機)で開発されている10年先を見据えたコンセプトカー「EMIRAI 2」に搭載されました。視線でデバイスを操作できる『視線入力』が自動車関連分野で取り入れられるのは、日本で初めてとなります。

本技術が搭載された「EMIRAI 2」は、2013年11月22日から開催される「東京モーターショー」の【三菱電機ブース】にて展示されます。

■『視線入力』とは

トビーの『視線入力』は、自然な目の動きを使用して、これまでに経験したことがない直感的なインターフェースを提供します。これまでの手を使った動作に比べ、より素早く、シンプルで直感的な操作が可能となります。『視線入力』は、自動車、ノートブック・タブレット、ゲーム、医療、セキュリティーなど、B to B、B to Cの様々な分野の製品へ手軽に組み込むことができます。  

■安全運転につながる『視線入力』

「EMIRAI 2」において、『視線入力』は、視線方向によりヘッドアップディスプレイの表示内容を切り替える方法として活用されています。

IT、エレクトロニクスでライフスタイルが変化する中、自動車分野でもその繋がりがより深くなってきています。自動車メーカーをはじめとして、電機・電子部品メーカーもこれらを活用した安全運転支援技術を開発しています。『視線入力』は、安全運転につながる技術として今回の採用に至りました。

「東京モーターショー」【三菱電機ブース】で、三菱電機が考える近未来のクルマ社会、ならびにトビーの『視線入力』を是非とも体感してください。

【会場案内】

 

【Tobii Technologyについて】

Tobii Technology は、アイトラッキング技術の世界最大手です。トビーの製品は、科学分野、マーケティングリサーチ、ユーザービリティ研究などで世界的に使用されています。また、障がいを持つ方々のコミュニケーション手段としても使用されています。最近では、病院や工学、スポーツ、エンターテインメントなど様々な産業でのOEMコンポーネントにアイトラッキング技術を活用した『視線入力』を提供しています。2001年にスウェーデンで設立以来、急速な成長を遂げ、数々の賞を受賞してきました。

トビー社はスウェーデン(ストックホルム)を本社として、米国、ドイツ、日本、中国、ノルウェーに現地法人を置いています。また、トビー製品は、代理店やパートナーを通じて、世界中で販売されています。

 

【本リリースに関するお問い合わせ】
トビー・テクノロジー・ジャパン株式会社
広報室 藤井久仁子(ふじい・くにこ)
Phone: 03-5793- 3316
Fax:   03-5793- 3317
E-mail: kuniko.fujii@tobii.co.jp