社会心理学

アイトラッキングは、社会心理学の分野で人の行動が社会的状況により、どのように変化するのかを測定するために利用されています。

社会心理学においてアイトラッキングが使われる理由

社会的な状況における関心事項の変化パターンを明らかにして、人の思考、感情および行動における視覚情報による影響の解明のため研究者の手助けとなっています。

アイトラッキングは、様々な研究で利用されています。

  • 立ち振る舞いの構造と変化
  • 説得  ⇒認識?
  • 社会認知
  • 自己概念
  • 社会的影響
  • 集団力学
  • 対人力

事例

University of Chicago

University of Chicagoの研究者らは、二つの異なる文化的集団、都市北米、および農村ユカテク語マヤの社会的注目を評価するために、アイトラッキングを使用しました。研究者の知る限りでは、社会的関心の文化の違いを定量化するためにアイトラッキングが使用されるのは、初の試みです。 続きを読む

University of Miami

アイトラッキングは、社会的不安感を持っている人々はよりネガティブな顔の表情に対してより注意を払うという理論を明らかにし、さらにポジティブな顔に集中させることで、このバイアスを軽減させることが分かりました。 続きを読む

Freie Universität Berlin

Freie Universität Berlinの研究者らは、顔の表情の反応をテストすることにより、異なる文化間の否定的バイアスの発生率を明らかにした研究、アイトラッキングを使用しています。 続きを読む

参考文献

  • Liberati, A., Fadda, R., Doneddu, G., Congiu, S., Javarone, M. A., Striano, T., & Chessa, A. (2017). A Statistical Physics Perspective to Understand Social Visual Attention in Autism Spectrum Disorder. Perception, 030100661668597. https://doi.org/10.1177/0301006616685976
  • Vivanti, G., Hocking, D. R., Fanning, P., & Dissanayake, C. (2017). The social nature of overimitation: Insights from Autism and Williams syndrome. Cognition, 161, 10–18. https://doi.org/10.1016/j.cognition.2017.01.008
  • Paulus, M., Schuwerk, T., Sodian, B., & Ganglmayer, K. (2017). Children’s and adults’ use of verbal information to visually anticipate others’ actions: A study on explicit and implicit social-cognitive processing. Cognition, 160, 145–152. https://doi.org/10.1016/j.cognition.2016.12.013

心理学と脳神経学

Tobii Proは、心理学や脳科学などの研究室といった制御された設定での研究だけでなく、オフィスや自宅のように、実際の環境に人間の行動を調べるためのアイトラッキングシステムを提供しています。データの分析は、当社の様々なソフトウェアソリューションと他社のソリューションと連携することで能力をより高めることも可能です。 続きを読む

下記よりお問い合わせください。