霊長類とイヌへのアイトラッキング利用

アイトラッキングは、霊長類およびイヌに関する研究トップ施設において、認識能力、比較社会学的刺激、および行動神経学/生態学の研究に用いられています。

動物の自然な行動をアイトラッキングで把握する

霊長類とイヌのアイトラッキングは、動物の認知、認識および意思決定能力の記録ためのツールとして機能します。このテクノロジーによって、データの信頼性を高めてばらつきを抑える客観的かつ機械的な方法で、研究者が視線パターンと眼球の動きを定量化して調査することができます。ビデオでアイトラッキングを記録すれば、サーチコイルを使うより気を使わず手を掛けずに実験でき、視線記録のための電極を取り付ける必要がありません。この点は、霊長類およびイヌを扱う上での利点です。なぜなら、動物に意識させずにアイトラッキングすることで、無駄に気を散らせたり、不快感を与えることがなく、その自然な行動を妨げません。

霊長類とイヌに関する研究分野では、アイトラッキングは認知度合いの測定、また認知能力の評価のためのツールとして利用できます。アイトラッキングは、以下の分野で利用可能です。

  • 行動生態学
  • 行動心理学
  • 行動神経学
  • 比較心理学

ドイツのライプチヒにあるMax Planck進化人類学研究施設での実験ビデオです。このビデオでは、霊長類研究施設の研究者が学生の類人猿研究を支援しています。

事例

University of Parma

パルマ大学では、アイトラッキングを使って、マカクの赤ちゃんが提示されたマカクの顔をどのように処理しているのかが研究されています。 続きを読む

Kyoto University

人間とチンパンジーの顔を見る時の相違点と共通点を明らかにするため、チンパンジーのスキャニングパターンが調査されています。

下記より英文となります。 続きを読む

心理学と脳神経学

Tobii Proは、心理学や脳科学などの研究室といった制御された設定での研究だけでなく、オフィスや自宅のように、実際の環境に人間の行動を調べるためのアイトラッキングシステムを提供しています。データの分析は、当社の様々なソフトウェアソリューションと他社のソリューションと連携することで能力をより高めることも可能です。 続きを読む

  • Djamasbi, S., & Mortazavi, S. (2015). Generation Y, Baby Boomers, and Gaze Interaction Experience in Gaming (pp. 482–490). IEEE. https://doi.org/10.1109/HICSS.2015.64
  • Morris, B. J., & Masnick, A. M. (2015). Comparing Data Sets: Implicit Summaries of the Statistical Properties of Number Sets. Cognitive Science, 39(1), 156–170. https://doi.org/10.1111/cogs.12141
  • Horiguchi, Y., Sawaragi, T., Nakanishi, H., Nakamura, T., Takimoto, T., & Nishimoto, H. (2015). Comparison of Train Drivers’ Eye-Gaze Movement Patterns Using Sequence Alignment. SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, 8(2), 114–121.

下記よりお問い合わせください。