自閉症スペクトラム

アイトラッキングは、社会的な相互作用や社会環境での注意に対する視覚的な前兆に関し、成長している典型的な子どもと自閉症スペクトラムの子どもとの間の違いを研究するために使われています。研究者たちは、部分的に診断に役立ち関与を知らせるために、最も早い時期の自閉症の予測因子を発見することを願っています。

自閉症の診断は、診断基準に掲載されているそれぞれの症状に合致するかどうかの判断に依存しています。視線分析はそのようなシステムの1つの候補です。近年、あご台や動作規制用ヘッドギアを必要としない、目立たないアイトラッキング・システムがますます正確になってきています。この新しい技術により、大人と同じように幼児や小さい子どもにも、アイトラッキングが簡単になっています。

赤ちゃんと子どもの研究

Tobii Proのアイトラッカーは、被験者に負担なく、かつ自然な行動で調査をする事が可能です。これは幼児や子供だけでなく、多くの被験者にも同じ事が言えます。 続きを読む

アイトラッキングを使った事例

Uppsala University

発達心理学においてアイトラッキングは、乳幼児の認知 の発達と変化、社会的また情緒的な能力を明らかにする ために利用されています。 スウェーデン ウプサラ大学 心理学部の赤ちゃんラボにおいて Claes von Hofsten 教授と彼の研究チームは、Tobii アイトラッカーを使って、 乳児のオブジェクト表象の発達を計測し、自閉症のある 子供たちと自閉症のない子供たちの社会的な相互作用 における違いについて、研究を行っています。 続きを読む

Osaka university

従来の自閉症研究における視線計測の応用は、「 眼を見る時間」というような視線の停留時間の比較 に基づいて行われてきたが、知見は必ずしも一致していない。研究チームは自閉症の客観的な評価 指標の開発に取り組み、Tobii アイトラッカーから出力される 「 いつ、どこを見ているか 」 について の視線計測データの時空間パターンを解析することによって、例えば定型発達群と自閉症群を従来 の方法よりも鋭敏に判別する方法を確立した。 続きを読む

  • Müller, N., Baumeister, S., Dziobek, I., Banaschewski, T., & Poustka, L. (2016). Validation of the Movie for the Assessment of Social Cognition in Adolescents with ASD: Fixation Duration and Pupil Dilation as Predictors of Performance. Journal of Autism and Developmental Disorders. https://doi.org/10.1007/s10803-016-2828-z
  • Bavin, E. L., Kidd, E., Prendergast, L. A., & Baker, E. K. (2016). Young Children with ASD Use Lexical and Referential Information During On-line Sentence Processing. Frontiers in Psychology, 7. http://doi.org/10.3389/fpsyg.2016.00171
  • Bavin, E. L., Prendergast, L. A., Kidd, E., Baker, E., & Dissanayake, C. (2016). Online processing of sentences containing noun modification in young children with high-functioning autism: Children’s online processing of noun modification. International Journal of Language & Communication Disorders, 51(2), 137–147. http://doi.org/10.1111/1460-6984.12191

下記よりお問い合わせください。