オペレータの評価調査

個人別の業務達成度の違いを把握するための、オペレータ評価調査用ツールとしてアイトラッキングが利用されています。その結果により、プロセス、業務の品質、および安全遵守を維持するために取るべき対応を柔軟に変えていくことができます。

オペレータの評価におけるアイトラッキング

オペレータの情報収集や仕事の取り組み方の違いを、アイトラッキングによって把握することができます。このやり方は特に、シミュレータも含め、業務のプロセス、品質および安全遵守を高度に求められる複雑な環境下で効果的です。アイトラッカーが収集したデータにより、様々な意思決定方法が明らかになり、オペレータの認知負荷度合いがわかるようになります。

各オペレータの作業の進め方がわかることで、適切な教育プログラムと指導内容を作成して、個々人の能力差を縮めることができます。様々なオペレーションに対して、能力に合わせた教育プロセスをこのように費用をかけず行うことがビジネス成功の鍵となります。

オペレータ評価が行われる主なケース:

  • 制御室
  • 制御パネル
  • コックピット
  • シミュレータ室

事例

University of Birmingham

バーミンガム大学では、交通制御室のオペレータの調査のためにアイトラッキングを活用しています。彼らがどのように交通管理を行い、様々なセンサー技術や蓄積データから得られる雑多な情報に基づいてどのように判断しているのかを調査しました。詳しくはこちら。 続きを読む

  • Martin, C., Cegarra, J., & Averty, P. (2011). Analysis of Mental Workload during En-route Air Traffic Control Task Execution Based on Eye-Tracking Technique. In D. Harris (Ed.), Engineering Psychology and Cognitive Ergonomics (pp. 592–597). Springer Berlin Heidelberg. Retrieved from http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-642-21741-8_63
  • Marshall, S. P. (2009). What the Eyes Reveal: Measuring the Cognitive Workload of Teams. In V. G. Duffy (Ed.), Digital Human Modeling (pp. 265–274). Springer Berlin Heidelberg. Retrieved from http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-642-02809-0_29
  • Dehais, F., Causse, M., & Pastor, J. (2008). Embedded eye tracker in a real aircraft: new perspectives on pilot/aircraft interaction monitoring. Presented at the Proceedings from The 3rd International Conference on Research in Air Transportation. Fairfax, USA: Federal Aviation Administration.

ヒューマン・パフォーマンス

Tobii Proは、様々な状況下でのヒトの能力に関する研究に対し、ハードウェアおよびソフトウェアに加え、トレーニングおよびサポートも提供しています。実環境および研究室での調査のいずれにも対応し、柔軟にソリューションを提供いたします。

操作が簡単で、リアルタイムに知見が得られるライブビューイング機能から、あらゆる定性および定量分析を行える高機能ソリューションまで、私たちは様々な機能を持つアイトラッカー製品を開発しました。

  続きを読む

下記よりお問い合わせください。