ヒューマン・パフォーマンス

アイトラッキング(視線計測)は、スポーツ分野におけるアマチュアとプロの目線の比較や、熟練者の暗黙知を可視化し技能継承に活かす、またオペレーターの評価調査ツールなどに使われております。
また、研修やトレーニング、熟練者やオペレーターからの遠隔指示にアイトラッキングを使う事で、作業効率化・安全性の向上に役立てることもできます。

トビーでは研究内容に応じた様々な価格帯のアイトラッカーをご用意しております。※機材の価格に関しましてはお電話(03-5793-3316)若しくはメール(sales.jp@tobii.com)にてお問合せ下さい。

人間のパフォーマンスにおけるアイトラッキング

視覚行動と人間のパフォーマンスは密接に関係しています。生体力学において、人々がどのように情報を集め、それに対する課題にどう取り組んでいるのか。それを知るツールとしてアイトラッキングは様々な研究に使われています。(例:スポーツ心理学、トレーニング評価、アマチュアとプロの目線の違いといった分野など)

アイトラッキングで得られる発見

  • 情報収集の違い
  • 問題解決能力の違い
  • 効率的な検索パターン

アイトラッキングで視線を可視化し、そこで得た情報によって、人によるパフォーマンスの差が出る原因や、生産能力を効率的に上げる為の改善案など、様々な事にお役立ちいただけます。

こちらのビデオでは、マクロメディア大学のGuido Ellert教授が、アイトラッキングのご説明をして頂いておりますので、ご覧ください。

製品とサービス

トビーのアイトラッキング(視線計測)は、人のパフォーマンスを研究する為のハードやソフト、そしてトレーニングやサポートなどをご提供しております。

Tobii Proグラス2

ウェアラブル型アイトラッカーは、様々な行動を制御しないアイトラッカーです。最も軽いウェアラブル型の愛トラッカー「グラス2」は、工業環境や制御室、スポーツ研究での調査などに使用されております。

Tobii Pro Glasses 2の詳細はこちらから

スクリーン型アイトラッキング

スクリーン型アイトラッキングのX2とX3は、コンパクトかつ軽量なアイトラッカーです。制御室やコックピット内、テレビやモニターにも簡単に設置でき、簡単に視線データを取得する事ができます。

Tobii Pro X2X3の詳細はこちらから

Tobii Pro ラボ

Tobii Pro ラボは、行動観察においてアイトラッキングと他の生理計測データとを組み合わせて解析をすることが可能な、研究の幅を広げる多機能なソフトウェアです。Tobii Pro ラボはスクリーンベースアイトラッカーとウェアラブルアイトラッカーの両方に対応しています。実験デザインからレコーディング、解析、結果をわかりやすくプレゼンテーションするなど多彩な機能を活用できます。

全てが一体となったこのソフトウェアは、店頭調査から心理実験まで、誰でも簡単に様々な生体計測を始められ、研究の領域を広げ、豊富なインサイトを導き出すツールです。

Tobii Pro ラボの詳細へ。

事例

University of Birmingham

バーミンガム大学では、交通制御室のオペレータの調査のためにアイトラッキングを活用しています。彼らがどのように交通管理を行い、様々なセンサー技術や蓄積データから得られる雑多な情報に基づいてどのように判断しているのかを調査しました。詳しくはこちら。 続きを読む

Swiss Ice Hockey Association

Swiss Ice Hockey Associationが実施した研究において、アイトラッキングが、アイスホッケーのシューティングの際に物理的なタスクの実行中に視線の動きを研究するために使用されました。研究では、シューティングスキルを向上させるためのトレーニング方法を開発するために使用され、成功率の高いシューターの視線の動きを調査し、新たな洞察を生成しました。 続きを読む

スポーツ心理学におけるアイトラッキング利用

これは、私たちのお客様であるデュービン大学心理学研究科の映像です。アイダン・モラン教授は、プロアスリートと初心者との心理プロセスの違いを把握するための、集中的なアイトラッキング研究について説明しています。このデータは、次世代のプレーヤーを育てるコーチにとって役に立つでしょう。

  • Martin, C., Cegarra, J., & Averty, P. (2011). Analysis of Mental Workload during En-route Air Traffic Control Task Execution Based on Eye-Tracking Technique. In D. Harris (Ed.), Engineering Psychology and Cognitive Ergonomics (pp. 592–597). Springer Berlin Heidelberg. Retrieved from http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-642-21741-8_63
  • Marshall, S. P. (2009). What the Eyes Reveal: Measuring the Cognitive Workload of Teams. In V. G. Duffy (Ed.), Digital Human Modeling (pp. 265–274). Springer Berlin Heidelberg. Retrieved from http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-642-02809-0_29
  • Dehais, F., Causse, M., & Pastor, J. (2008). Embedded eye tracker in a real aircraft: new perspectives on pilot/aircraft interaction monitoring. Presented at the Proceedings from The 3rd International Conference on Research in Air Transportation. Fairfax, USA: Federal Aviation Administration.

下記よりお問い合わせください。