教育の研究とアイトラッキング

知識生成プロセス、学生の認知負荷、および教授方法を把握するための、教育に関する研究においてアイトラッキングが利用されています。その結果、学習環境の開発や改善につながります。

教育環境下におけるアイトラッキングの活用

アイトラッキングにより、様々な教育環境下での学生の学習行動や教授方法について、興味深い知見を得ることができます。アイトラッカーが収集したデータにより、様々な学習方法が明らかになり、学生の認知負荷度合いについて理解を深めることができます。この情報はまた、教師の達成度や指導方法の評価にも利用可能です。
学生と教師とのやりとりなど、教室の中で実際に起こっていることが理解でき、研究者は適切な教育プログラムと指導内容を作成して、教育内容を改善することができます。

人財開発

私たちは、様々な環境下での教育のため、ハードウェアおよびソフトウェアだけでなく、トレーニングおよびサポートも提供しています。実環境および研究室のどちらでも調査が可能な、柔軟なソリューションが可能です。

操作が簡単で、リアルタイムに知見が得られるライブビューイング機能から、あらゆる定性および定量分析を行える高機能ソリューションまで、私たちは様々な機能を持つアイトラッカー製品を開発しました。詳しくはこちら。 続きを読む

  • Moro, R., & Bielikova, M. (2015). Utilizing Gaze Data in Learning: From Reading Patterns Detection to Personalization. Presented at the CEUR. UMAP 2015 Extended Proceedings, Dublin. Retrieved from http://ceur-ws.org/Vol-1388/poster_paper10.pdf
  • Antonietti, A., Colombo, B., & Di Nuzzo, C. (2015). Metacognition in self-regulated multimedia learning: integrating behavioural, psychophysiological and introspective measures. Learning, Media and Technology, 40(2), 187–209. http://doi.org/10.1080/17439884.2014.933112
  • Lee, H., Kanakogi, Y., & Hiraki, K. (2015). Building a responsive teacher: how temporal contingency of gaze interaction influences word learning with virtual tutors. Royal Society Open Science, 2(1), 140361–140361. https://doi.org/10.1098/rsos.140361

下記よりお問い合わせください。